難コースを相手にノーボギー 最終日はどんな18ホールとなるか(撮影:ALBA)

写真拡大

<サイバーエージェントレディス 2日目◇30日◇グランフィールズ カントリークラブ(6,562ヤード ・パー72)>
 今年から会場となっているグランフィールズ カントリークラブは、上田桃子の言葉を借りると、少しのきっかけで「3(バーディ)もあるし5(ボギー)もある」。スコアを伸ばす選手でもある程度のボギーは割り切って戦っている。そんな中、この日の原江里菜は唯一のノーボギーラウンドでトータル1アンダーの8位に浮上した。
最新フォト満載!原江里菜の写真特集
 「ピンチは1回か2回だった」とゴルフ自体の調子は良いものの、「バーディを獲れそうでとれない」と16番までパーが並ぶストレスの溜まるラウンドだった。それでも深呼吸をして、「難しいコースだしパーでいいんだ。ボギーを打たないことが大事」と自分に言い聞かせ続けた。
 ようやく最初のバーディが訪れたのは17番パー3。ティショットで奥1.5mにピタリとつけてバーディを奪取。「我慢したご褒美だったと思う。気持ちよく1日を終えることができました」と白い歯をこぼした。
 「上も結構伸びている。(トップの福嶋)浩子さんは本当にかっこいい。私も1打でも追いつけるように頑張りたい」。今日我慢した分を明日爆発させて、一気に上位をとらえたいところだ。
【2日目の順位】
1位:福嶋浩子(-8)
2位:鈴木愛(-6)
3位:イ・ボミ(-3)
4位T:ポラニ・チュティチャイ(-2)
4位T:キム・ハヌル(-2)
4位T:北田瑠衣(-2)
4位T:川満陽香理(-2)
8位T:原江里菜(-1)
8位T:鬼澤信子(-1)
8位T:岡山絵里(-1)
8位T:森田遥(-1)
12位T:菊地絵理香(E)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>