借金や育児放棄も…ママ友パチンコ依存の闇

写真拡大

2014年8月に発表された、厚生労働省研究班が行った、「ギャンブル依存症の実態調査」の結果によると、成人男性が8.8%で438万人、女性が1.8%で98万人、全体では4.8%で536万人にものぼるのだとか。つまり、日本の人口で比較すると、23〜24人のうち1人が、ギャンブル依存症ということに。海外と比べても、アメリカで約1.6%、香港で約1.8%、韓国で約0.8%となり、日本は群を抜いて多いそうです。そんななか、ママたちのギャンブル依存が問題視されています。周りにも、ギャンブル依存のママ友がいるというママは少なくないのでは?

●借金をするママ友は意外に多い?

最近では、”主婦でも借りられる”とうたう、消費者金融が増えているそうです。「今月は急な出費が多くて…」「パチンコや競馬の資金に!」「セレブママ友に合わせて洋服を買いすぎた」など、理由はさまざまですが、お金を使いすぎてしまうことはありますよね。しかし、夫にはバレたくない…。それを補うために、消費者金融に手を出すというママも、珍しくはないのだとか。

パチンコなどのギャンブルが理由で借金するママ友は、「勝てば(当てれば)すぐ返せるから」という根拠のない自信で、手を出してしまうことも。なかには、闇金に手を出すママ友もいるようなので、要注意です。

●ママ友のパチンコ依存は深刻?

ママの生活は、育児、家事、ママ友付き合いと、なにかとストレスがたまりやすいですよね。子どもがまだ小さければ、子どもと2人で部屋にこもっていることも多く、毎日同じことの繰り返し。また、ママ友がそんなにたくさんいないというママは、子どもが園や学校に通っている間は「退屈だな…」と感じる、刺激のない生活をしていることが多いです。

一方、パチンコは賑やかで、派手な印象を受けます。そのギャップにハマる主婦が、急増しているのだとか。また、競馬や麻雀などに比べ、入りやすいのも、要因のひとつのようです。

●ママ友に教えたい!パチンコ依存チェックリスト

WEBサイト「WooRis」で紹介されたチェックリストをもとに、パチンコ依存度を診断してみてください。「もしかして?」と思うママ友にも、さりげなく教えてあげてみては? 項目は以下の通り。

■あまり派手に遊んだことがない

■現実逃避したい

■ママ友が少ない

■パチンコにすぐに行ける環境にいる

■気分に任せてふらっと行動することがある

■物事を深く考えないタイプだ

■人に頼るのが苦手

■寂しさや不快な感情(マイナス感情)を自覚できない

■できない(まわりに迷惑をかけている)自分のほうが安心する

いかがでしたか? 当てはまる項目が多ければ多いほど、パチンコ依存の可能性大。自分と照らし合わせて、不安になるようなら、ギャンブル依存の診断や治療をしてくれる病院もあるので、一度相談してみるのもいいかもしれません。

数年前までは、ギャンブル依存は男性がなるものだという認識が強かったと思いますが、実はそんなことはありません。場合によっては、借金や離婚という悲惨な結果になってしまうこともあるのです。なかには、子どもをママ友に預けたり、部屋や車に置き去りにしたりするママも。とくに車内に放置するママは、子どもの熱中症や死亡が話題になることもしばしば。軽い気持ちで始めたものでも、どんどんハマっていくのがギャンブル。”一瞬の楽しみ”のせいで、”一生の傷”になるかもしれません。そこをきちんと自覚すべきではないでしょうか?

(文・明日陽樹/考務店)