やはり強い!“68”を叩きだして優勝戦線に顔を出したイ・ボミ(撮影:ALBA)

写真拡大

<サイバーエージェントレディス 2日目◇30日◇グランフィールズ カントリークラブ(6,562ヤード ・パー72)>
 初日に今季初となるオーバーパーを叩いたイ・ボミ(韓国)が、この日は一転4アンダーを叩きだし、トータル3アンダーの3位に浮上した。
菊地絵理香、イボミ、キム・ハヌルらの写真特集公開中!
 「昨日はコースが難しいこともあって嫌なイメージがある中でのプレーでした」とボミ。加えて「キャディさんと相談したとおりのショットを打っても、良いところにつかなかったり…」とアンジュレーションのきついグリーンに悩まされた。
 それでもリカバリー出来るのが女王たるゆえん。今日は「良いショットでも外れることもあるから、縦の距離感だけ考えてショットを打つ」と心がけ、「コースが難しい」などと考えずシンプルな発想を持ち続けることで失いかけていた平常心を取り戻した。
 グリーン上でも意識を変えた。今朝コーチから“大きな傾斜を使って入ったら面白いでしょ”と言われたことで「今日は傾斜も楽しんでできた」。言葉通り7番では1mくらいのスライス、続く8番では3カップ分のフックを読みきり連続バーディ。流れを作った。
 来週は去年ツアー年間獲得賞金記録を更新したにも関わらず1勝もできなかった公式戦。当然“メジャー優勝”は今年の大目標の1つだ。「明日も良い成績で上がって来週に向かいたい」。今季2勝目を手土産に茨城へと乗り込む構えだ。
【2日目の順位】
1位:福嶋浩子(-8)
2位:鈴木愛(-6)
3位:イ・ボミ(-3)
4位T:ポラニ・チュティチャイ(-2)
4位T:キム・ハヌル(-2)
4位T:北田瑠衣(-2)
4位T:川満陽香理(-2)
8位T:原江里菜(-1)
8位T:鬼澤信子(-1)
8位T:岡山絵里(-1)
8位T:森田遥(-1)
12位T:菊地絵理香(E)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>