<中日クラウンズ 3日目◇30日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 国内男子ツアー「中日クラウンズ」は第3ラウンドが終了。2日目に首位に立った片岡大育が6バーディ・1ボギーの“65”でスコアを5つ伸ばし、トータル9アンダー単独首位を堅守。ツアー2勝目へ、最高の位置で最終日を迎えることとなった。
レジェンド尾崎将司は初日2日目で明暗
 昨日までの予選ラウンドは昨季の賞金王キム・キョンテ(韓国)と同組だった。この日、片岡はパッティングが好調で「ナイスラウンドにつながりました」。キョンテのパッティングのリズムや間合いの取り方を参考にし、「少しヒントになりました。イメージが良くなりましたね」と“鬼”の真似がいい方向にでて、6つのバーディを奪った。
 明日はそのキョンテと最終組で優勝を争うこととなった。「ボクは今日必死にやって5アンダー。でも1つ前の組のキョンテさんは平然とプレーしていた。恐いですよね」。今季すでに1勝を挙げ先週も2位タイと勢いのある賞金王はこれ以上ない強敵だ。
 それでも、大事なのは気持ちで負けないこと。「絶対に負けないという強い気持ちでいきたい。自分にはハンデが2つあると思って、気負わずに自分のプレーができれば」。和合攻略になにより大切なショートゲームは好調を維持している。クラウンズ仕様のウェッジがこの日も、何度かピンチを救ってくれた。
「全ショット、神経を研ぎ澄ましてナイスプレーを」。泣いても笑っても残りは18ホール。“鬼”の追撃に臆さず、自分を信じて戦いきるのみだ。
【3日目の順位】
1位:片岡大育(-9)
2位:キム・キョンテ(-7)
3位T:谷原秀人(-4)
3位T:H・W・リュー(-4)
5位:稲森佑貴(-3)
6位:ブレンダン・ジョーンズ(-2)
7位T:高山忠洋(-1)
7位T:手嶋多一(-1)
7位T:アンジェロ・キュー(-1)
7位T:マシュー・グリフィン(-1)
7位T:キム・ヒョンソン(-1)
7位T:マイケル・ヘンドリー(-1)
7位T:小田孔明(-1)
<ゴルフ情報ALBA.Net>