VRで体験する「チェルノブイリのビフォー・アフター」

写真拡大

原発事故前と事故後のチェルノブイリとプリピャチ市を体験できるVRツアーを、ポーランドのゲーム制作会社The Farm 51が公開した。

チェルノブイリの立ち入り禁止地区には現在、野生の動植物が栄えている(日本語版記事)かもしれないが、それは必ずしも美しい風景とはいえない。1986年に発生した原子力発電所の事故のあと、この地域は完全に放棄され、建物には誰もいなくなり、廃墟となった。

「VRで体験する「チェルノブイリのビフォー・アフター」」の写真・リンク付きの記事はこちら

しかし今後は、新しい仮想現実(VR)ツアーによって、事故前と事故後の世界を体験できるようになる。

ポーランドのゲーム制作会社The Farm 51が発表した「チェルノブイリVRプロジェクト」は、同社によると、「これまでになかったチェルノブイリとプリピャチ市のVRツアー」だという。

このプロジェクトでは、高解像度の立体鏡カメラによって撮影が行われた。家の中からの映像のほか、遊園地や事務所の様子が捉えられている。

The Farm 51社はこのプロジェクトの目的について、原発事故の被害者たちの「物語を伝える」ことだと説明している。

RELATED

VR技術は、エンターテインメント利用だけでなく、さまざまな教育的プロジェクトで採用されてきた。デイビッド・アッテンボローのファンたちは現在、VRでナレーターとともにグレート・バリア・リーフでダイヴィングを楽しむことができる。

また2016年には、イスラエルの爆弾により2人の息子を亡くしたパレスチナ人家族を、一人称視点で撮影したVR映画が公開されている。