毎月の生理は女性にとって体の状態を知るための大切なもの。でも女性ホルモンのバランスが乱れるせいでイライラしたり、精神的に不安定になったり、肌が荒れたり、体重が増えたり……とPMSに悩んでいる方も多いはずです。特にしんどいのは生理痛ですよね。
今回は女性なら知っておきたい生理を快適にする工夫をいくつかご紹介します!

生理を快適に過ごすために、知っておくべきこと

1: 白砂糖はダメ!? 生理痛を悪化させる食べ物

毎月の生理痛は、血のめぐりが悪いことで起こることがほとんど。めぐりが良ければ、スムーズに経血が排出されて傷みが軽減されるといわれています。そのため、体を冷やす食材や、血をどろどろにする脂肪分が多い食材は避けるべきです!
例えば体を冷やす白砂糖、甘くて冷たいアイスクリームは生理前、生理中のNG食材。また血管を収縮させるチラミンが含まれるチョコレートも生理前〜生理中は避けておきたい食品です。
「そんな、生理中は甘いものが食べたいのに〜」という方は、精製していない黒砂糖、鉄分豊富な小豆をつかった和菓子などを選ぶのがポイントです。

2: 生理の不快感に効くツボを刺激する

生理前〜生理中は腰周りがだるくなりやすいですよね。血液が子宮の周りに集まって、全身の血のめぐりが悪くなるためです。そこで、だるさや生理痛を和らげるツボを刺激してみましょう!
足の内くるぶしから指幅4本分上にある「三陰交(さんいんこう)」、足のひざの皿の内側の角から指幅3本分上にある「血海(けっかい)」、へそから指幅2本分下の「気海(きかい)」などが有名です。

3: 普段より野菜を多め、炭水化物を控えめに!

生理中の経血の様子で、体の状態をチェックすることも大切です。例えば体が冷えているとき、または脂質や糖質が多い食事をしているときは、色が黒くてドロッとした経血になります。
色が明るくさらりとした健康な経血にするためには、野菜を多めにして炭水化物(パン、ごはん、麺など)を控えめにするのが◎。またシャワーだけではなく入浴で体を温めることも大切です。

4: 生理痛を和らげる食材を意識しよう

生理痛を悪化する食べ物とは反対に、痛みを和らげる効果のある食材もあります。「グレープフルーツ」は生理中に不足する鉄分の吸収をサポートするビタミンC、さらに血液をさらさらにするクエン酸が豊富。また鉄分豊富な「プルーン」は手軽に食べられるので、おやつにぴったりです。ヨーグルトと一緒に食べると美肌効果も期待できます。
もっともオススメなのが「黒ごま」。鎮痛作用のあるセサミン・カルシウム・鉄分・食物繊維もが豊富です。そのままよりすったごまの方が吸収率が高いのでゴマ和え、ゴマだれなどに使うのがオススメです。ハチミツと混ぜて、ジャム風にするのもおいしいです。

5: リラックスしてつらい時期を乗り切ろう!

生理痛やホルモンバランスの変化のせいで落ち込んだり、ネガティブになりがち。肉体的にも精神的にも絶不調! な時期ですが、そう思えば思うほどストレスになり、よけいに状態が悪化してしまいます。
生理は「女性に与えられた休息の時期」と考えて、できるかぎりリラックスして過ごせたら一番です。残業は控えめにしてゆっくりお風呂につかったり、好きなことをする時間を増やして自分を甘やかしてあげられたら何よりの特効薬です。状況が許す限り、自分を甘やかしてくださいね!