クルーズ米上院議員

写真拡大

(ワシントン 30日 中央社)米原子力空母「ジョン・C・ステニス」を中心とする艦隊の香港への寄港要請を中国大陸が拒否したことが29日、米国防総省の報道担当者の話で分かった。これを受けて、米大統領選で共和党候補指名を目指すテッド・クルーズ上院議員は同日、自身のツイッターを更新し、「中国大陸が米国のパートナーでないことが証明された。空母は台湾に行かせるべきだ」と提案した。

寄港拒否は、中国大陸が軍事拠点化を進める南シナ海でステニスが警戒監視活動を行っていることなどが原因とみられる。米軍の空母打撃群や駆逐艦はこれまで定期的に香港に寄港しており、同地に観光収入をもたらしている。

クルーズ氏は保守強硬派として知られ、指名争いでは実業家のドナルド・トランプ氏に次ぐ2位につけている。

(廖漢原/編集:杉野浩司)