宇宙飛行士たちがキヤノンの一眼レフで撮影したIMAX映画『A Beautiful Planet』

写真拡大

国際宇宙ステーションの宇宙飛行士たちが、地球を7,000回以上周回しながら撮影。映像は、ヒューストンのジョンソン宇宙センターに直接ダウンロードされた。

ハッブル宇宙望遠鏡をテーマにしたIMAX作品などを制作してきた監督トニー・マイヤーズは、地球を題材とした新しいIMAXドキュメンタリーに、国際宇宙ステーション(ISS)からの映像が必要だと認識していた。だが、従来のIMAX撮影装置一式を宇宙に送ることは不可能だった。宇宙輸送船には、運ぶべきもっと重要な貨物があるからだ。

「宇宙飛行士たちがキヤノンの一眼レフで撮影したIMAX映画『A Beautiful Planet』」の写真・リンク付きの記事はこちら

したがって、4月29日(米国時間)公開のIMAX映画『A Beautiful Planet』は、宇宙飛行士たちがすべてデジタルカメラによって撮影した作品となっている。デジタルカメラはアナログ式よりも小型で使いやすい。また、映像はヒューストンのジョンソン宇宙センターに直接ダウンロードされるので、イライラしながら待つ必要もなかった。

撮影監督のジェームス・ニーハウスが宇宙飛行士たちに、ISS上からフレーミングやライト調整、撮影を行う方法を伝えた。米国の宇宙飛行士スコット・ケリー(日本語版記事)や、イタリア初の女性宇宙飛行士サマンサ・クリストフォレッティ(日本語版記事)などの乗組員たちは、ISSのあちこちにキヤノンの一眼レフカメラを設置し、オーロラなど、地球上の美しい光景を窓越しから捉えた。

宇宙飛行士たちは、汚れや傷のない映像を撮影するために、ひとつの窓の内側パネルも取り換えたという。それは「本当に面倒な作業だった」と、ニーハウス撮影監督は述べている。

この映画の撮影過程で、カメラたちは地球を7,000回以上周回し、最終的にその距離はおよそ3億420万kmにも及んだ(ISSは1周約90分で地球を周回している)。

ただし、これらのカメラが地上約400kmのかなたから地球に戻って来る可能性は低い。ISSのゴミと一緒に、大気圏に突入させて燃やしてしまった方が安上がりだからだ。