若桜鉄道は期間限定でピンクSLを走らせる

写真拡大 (全3枚)

 ゴールデンウィークとなれば普段はそれほど強く関心がなくても、珍しい鉄道に乗りに行こうと旅行する人が少なくない。でも、電車なんてどれもこれも似たようなデザインだと思っている人は、最新の車両デザインをみてほしい。驚くほど大胆なものが登場しつつある。とくに、鮮やかなカラーリングが近年は目立つ。鉄道関連の執筆も手がけるライターの小川裕夫さんが、最新鉄道車両のトレンド「色」についてリポートする。

 * * *
 なにげなく乗っている鉄道車両が最新型に変わったところで、その変化に関心を払う人は多くない。東海道本線を走る車両がE231系だろうと、E233系だろうと、時間通り目的地に到着すれば問題ないのだから。だが、鉄道に関心がない人でも、車両の色が変わると、すぐに「これ、新しい電車かな?」と気がついたりする。色の変化に、人は意外と敏感だ。

 最近の鉄道業界では、鉄道車両の色に変化が起きつつある。

 ロックバンド・くるりが「赤い電車」と歌った京浜急行電鉄は、長年にわたって赤色を伝統にしてきた。その伝統を打ち破るかのように、2005(平成17)年から青い車体「京急ブルースカイトレイン」の運行を開始。2014(平成26)年には黄色い車体の「京急イエローハッピートレイン」の運行も始めた。これらにより、京急=赤といったイメージは薄らいでいる。

 車体の色を変えるトレンドは、地方にも波及している。鳥取県の若桜鉄道は、国鉄の若桜線を第3セクターに転換した19.2キロメートルの路線。知名度は決して高くないが、SLを運行して観光客を惹きつけている

 その若桜鉄道が、5月1日〜8日の期間限定で漆黒のSL車体をピンク色に塗り替えると発表した。「SLといえば黒」というのが、従来からの伝統。それには理由があり、SLは煤煙で車体がすぐに汚れてしまうため、少しでも汚れが目立たないようにするために黒にしている。その常識を破り、世界広しといえどもピンク色のSLを走らせるのは若桜鉄道ぐらいだろう。

 インパクトでは、JR東日本も負けてはいない。JR東日本は“走る美術館”と銘打った「現美新幹線」を4月29日から登場させる。上越新幹線の越後湯沢駅−新潟駅間を運行する現美新幹線のエクステリアのデザインは、アーティストの蜷川実花さんが担当。インテリアは、気鋭のアーティスト8人による競演だ。

 鉄道車両は外観に工夫を凝らして、空気抵抗を減らしてスピードを上げたり、静音性・制振性を高めてきた。しかし、凝ったデザインにするメリットは、どこにあるのだろうか?鉄道の車両や駅舎などのデザイン専門誌『鉄道デザインEX』(イカロス出版)の佐藤信博編集長は、外観のインパクトを重要視するようになった傾向について、こう解説する。

「鉄道は通勤・通学需要ともに頭打ちなので、各社は路線を維持するべく、集客に知恵を絞っています。そこで考え出されたのが、一風変わった車両を走らせることです。鉄道車両は全般検査と呼ばれる定期検査をSLは4年、電車は8年ごとにおこなう決まりです。その際、以前とは異なるカラーリングに塗り直す。これまでだったら、色を変えても地元紙や鉄道専門誌が取り上げるぐらいでしたが、近年はSNSで全国に発信できるようになりました。

 車両を新造すると数億円、改造でも1000万単位の費用が必要になりますが、全般検査のついでに色を塗り直すなら費用は安く済みます。それでいて、全国から関心を集められるのです。色の塗り替えは、費用対効果のよい集客方法と言えます」

 確かにピンク色のSLが走れば、全国から観光客が集まるだろう。また、報道陣も殺到するに違いない。地元民と鉄道マニアしか知らなかった若桜鉄道が、全国的に注目されることは間違いない。

 近年、鉄道車両はインテリア・エクステリアの両面で有名デザイナーを起用する潮流にある。そのパイオニアは水戸岡鋭治さんで、クルーズトレインとして予約が殺到しているJR九州の「ななつ星in九州」を手がけたことでも知られる。水戸岡デザインは、いまでは岡山電気軌道の「momo」や和歌山電鉄「たま電車」、富士急行「富士登山電車」など、各所で話題になった。その効果は絶大で、観光客は増加している。

 利用者を呼び込もうとするのは、地方路線ばかりではない。東京・大阪といった大都市圏でも事情は同じだ。

 3月には、西武鉄道は25年ぶりに新型特急を2018(平成30)年にデビューさせると発表した。その新型特急の外観は、まるで鉄砲の弾丸を思わせる。とても鉄道には思えないような車両は、建築界のノーベル賞とも言われるブリツカー賞を受賞した妹島和世さんがデザインした。

 さらに、西武は長年にわたって親しまれてきた黄色い電車を減らしつつある。伝統の黄色い電車を減らす目的は何なのか?

「2009(平成21)年にオーナーだった堤義明さんが証券取引法違反で逮捕されて以降、西武鉄道はイメージアップに努めました。伝統色の黄色を変えようとするのは、イメージチェンジ、新生・西武をアピールするためです」(同前)

 鉄道は安全第一という制約があるため、車両構造をいじるのは難しい。しかし、カラーリングを変えるだけなら安全性を脅かすことはない。

 色を変えて全国から話題を集める。つまり、鉄道というコンテンツは“ネタ化”しつつあると言える。

 さて、次はどんな車両が私たちを驚かせてくれるのか?