単独首位で最終日を迎える片岡大育 関西オープン以来の2勝目を狙う(撮影:ALBA)

写真拡大

<中日クラウンズ 3日目◇30日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 愛知県にある名古屋CC和合コースを舞台に開催されている、国内男子ツアー「中日クラウンズ」は第3ラウンドを行い、単独首位から出た片岡大育が6バーディ・1ボギーの“65”で回りトータル9アンダーでツアー通算2勝目に王手をかけた。2打差の2位に昨年度賞金王のキム・キョンテ(韓国)がつけている。
レジェンド尾崎将司は初日2日目で明暗
 トータル4アンダーの3位タイには谷原秀人とH・W・リュー(韓国)。トータル3アンダーの5位にツアー初優勝を目指す稲森佑貴、トータル2アンダー6位に歴代チャンピオンの一人ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が続く。
 トータル1アンダーの7位タイグループには高山忠洋、手嶋多一、キム・ヒョンソン(韓国)、小田孔明らがつけている。2週連続優勝を狙い2位タイからスタートした池田勇太は“73”とスコアを3つ落としトータルイーブンパーの14位タイに後退した。
【3日目の順位】
1位:片岡大育(-9)
2位:キム・キョンテ(-7)
3位T:谷原秀人(-4)
3位T:H・W・リュー(-4)
5位:稲森佑貴(-3)
6位:ブレンダン・ジョーンズ(-2)
7位T:高山忠洋(-1)
7位T:手嶋多一(-1)
7位T:アンジェロ・キュー(-1)
7位T:マシュー・グリフィン(-1)
7位T:キム・ヒョンソン(-1)
7位T:マイケル・ヘンドリー(-1)
7位T:小田孔明(-1)
<ゴルフ情報ALBA.Net>