見た目は若々しい50代女性が多いが、更年期で不調を感じる人も。自分の体の声をよく聞いて、無理をしないほうがいいと専門家は言う(撮影/大嶋千尋)

写真拡大

 50代に入って、鏡を見ればシミや小ジワが気になり、疲れやすくもなった。だが、不安への対処法がわかれば、前向きになれるのだ。女性に訪れる二度目の思春期「オトナ思春期」の乗り越え方を聞いた。

「お母さんの顔って、ぜんぜん化粧映えしないよね」

 娘のひと言が胸に刺さった。25歳になる娘は就職後に一人暮らしを始め、恋愛も進行中。家ではジャージーでゴロゴロしていたが、今やスーツ姿が決まり、メイクもすっかりうまくなった。

 かたや母の私は52歳。シミや小ジワが気になり、鏡を見るのも怖い。“働く女”の先輩と自負してきたが、体力、気力も下降気味。そこへ追い打ちをかける娘の言葉で一念発起した。

 東京・表参道にある美・ファイン研究所。プロのメイクアップ術を習えると聞いて参加したのが「ワタシの顔の作り方講座」だ。受講者はほぼ40〜50代の女性たち。子育てや親の介護に追われる人、職場から駆けつけた人も、「何とかしたくて」と苦笑する。

 講座では最初に自分の顔の印象分析を行う。顔形から目鼻口などの形やバランスをもとに、キュート、エレガントなど、外見の第一印象をチェックする。

 なんと私は「エレガント」。卵型で目鼻が小ぶりなところがそう評価されたらしい。一瞬嬉しくなるが、「気取っている」という印象も与えやすいらしい。

「顔の造形から自分の良いところがわかり、周りの人に与えているマイナスの印象にも気づく。私はこうなりたいというイメージが明確になると、個性を生かしたメイクアップができます」と講師の山口童子さん。

 思えば化粧は就活前にデパートの売り場で習ったきり。あれから三十数年、代わり映えしないどころか“イタい”だけかもと、鏡から目をそらしている。

「女性は若くてキレイな時に似合っていたものが一番いいと思いがち。でも若い頃は肌に艶があり、ポイントメイクだけでどうにかなったけれど、肌が衰えると似合わなくなる。だから、その年代に合う美しい演出法が必要なんです」(山口さん)

 自分の顔に合うメイクのポイントを習うと、一人一人見違えるほど明るい表情に変わる。あきらめるのはまだ早い!と、前向きな気持ちに。1週間後、私は肩まであった髪をばっさりショートにした。

 この講座を主催した三好洋子さんは、「オトナ思春期をデザインするプロジェクト(オトハル)」代表理事だ。

「女性の人生には2度<思春期>が訪れます。1度目は10代の思春期で、体形が変わり始め、心が多感になる。2度目は狭義には更年期と呼ばれ、体に変化があり、心が感じやすくなって思い通りにいかなくなる。そんな人生の変わり時を<オトナ思春期>と捉えているんです」

 三好さん自身も40代半ばに巨大な子宮筋腫が七つ見つかった。42歳で大手企業を辞めてフリーに。会社員時代の年収以上は稼がねばと猛烈に働いてきたが、パフォーマンスは悪くなっていく。筋腫は治療で小さくなり、食事も気をつけたが、仕事の仕方はなかなか変えられなかった。

「やっぱり衰える自分を認めたくないんです。当時はプライドや自己肯定感を保てるのは仕事しかなく、それが崩れると一気に自信喪失してしまい……」
 
 40代・50代になると、周りで体調を崩す人も増えた。その頃初めて更年期について調べると、心と体だけでなく、生活環境も激変することに気づいた。その変化を受け入れ、いかに乗り越えてチャンスにするか。そこで健康や美容、マネーなどのプロに学び、繋がり、同世代で交流する活動を始めたという三好さん。

「40代、50代は知力、体力、気力、財力がまだある時期。更年期は英語で<the change of life>と言うように、自分の生き方も変えられる絶好のチャンスです」

(ノンフィクションライター・歌代幸子)

AERA  2016年4月25日号より抜粋