27日、JFAハウスで記者会見が開かれ、高倉麻子監督のなでしこジャパン新監督就任が発表された。なでしこ初の女性監督の誕生だ。これまではU-20女子代表を率いており、しばらくは兼務することとなる。

 1991年の第1回女子W杯中国大会で日本代表の背番号「10」を背負うなど、なでしこの草分け的な存在だ。

 指導者としても20年以上の現場経験を持ち、各年代代表でも最高の結果を残してきた。2013年のAFC U-16女子選手権では35得点1失点の圧倒的な成績で優勝し、翌年のU-17女子W杯では、育成年代で初の世界一に輝いた。そして、昨年のAFC U-19女子選手権でもアジアを制覇。今年11月のU-20女子W杯でも優勝の期待がかかる。

 U-16日本女子代表監督に就任したのは2013年2月。当時の言葉にはすでに、いずれ日本の女子サッカーをリードしていく覚悟とビジョンがはっきりと感じられた。

「自分自身が選手のときからいつも一歩目を歩く人間だったので、誰かがそこを踏み出すというよりは、たまたま私がその役目をさせていただくということ。この後もたくさん良い指導者が育ってくると思いますし、そのために恥ずかしくない足跡をつけていきたいです」

 それから3年が経ち、代表監督として登壇した指揮官の『言葉の力』はさらに強さを増していた。

「一番前を歩いていくことにプレッシャーを感じてはいません。選手時代はいかに上手くなるかということを日々追求していましたし、指導者になった今も、いかに選手を高いところに引っ張ってあげられるかを日々考えています。自分が持っているものをすべてぶつけて、選手に接していきたい」

 直感的で簡潔な言葉の中に、力強い説得力がある。実績の伴った、地に足の着いた"自信"と言うべきかもしれない。

 もちろん、チームを土台から作り直していく作業は根気が必要だ。しかし、長年の育成指導経験に加え、若い年代からベテラン選手に至るまで、多くの選手のプレーやキャラクターを理解している強みがある。

 志向するのは『日本人の特徴を生かし、テクニックを生かして全員がハードワークするアグレッシブなサッカー』。動きだけでなく、"思考"の連動も目指している。

「選手全員が、グラウンド上で思考を止めない、状況判断に優れたサッカーをしていきたい。試合の時間や相手のポジションなども頭に入れながら、今何が必要か、何を選ぶべきか。それを11人全員が連動していくサッカーをしたいと考えています」

 育成年代は時間をかけて多くの選手にチャンスを与えてきたが、トップは年齢制限がない分、選考する際の分母が一気に大きくなる。そして、その中から常に最高のメンバーを選び出さなければいけない難しさがある。その点は、高倉新監督にとって『新たなチャレンジ』と言えるだろう。

「日本代表はやはりその時に、一番良いパフォーマンスをしている選手を選考していくのが基準になります。ベテランは経験値からくるアドバンテージがあるし、若手には伸びしろがある。上手く融合していきたいと考えています」

 選考によっては、選手の年齢差が10歳以上になることもあるだろう。そんな中、年齢の壁を越えて競争を促しながら、チームの一体感を高めていく手腕に期待したい。そこでは育成年代の強烈な個性をまとめてきた指導経験に加え、自身の選手時代の経験も生かされるだろう。同性だからこそ理解できる感情もある。

 2011年以降、なでしこジャパンが国際大会で結果を残してこられたのは、経験豊富なメンバー同士の連係が大きな武器となっていた。その一方で、メンバーが固定化されてしまい、新戦力を試すも一向に馴染めず、新陳代謝が上手くいかなかったのは課題でもあった。

 現在の若い選手たちがなでしこジャパンで即戦力としてプレーするために、足りないものは何か。4月中旬に高知で行なわれたU-20代表候補合宿で、指揮官はこう話していた。

「なでしこジャパンの選手は、トップレベルで経験を重ねた中での駆け引きを知っています。90分間のゲームで、時間によってのプレーの選び方、今は急ぐ必要がない、行く必要がない、あるいは行くべきだというポイントを知っているし、勝負所を非常によく理解している。だからこそ劣勢でも耐えて、ひとつのセットプレーで勝ってしまう老獪(ろうかい)さを持っています。U-20の選手たちは非常に能力が高く、要求したことを表現できる力を持っていますが、勝ちに持っていける駆け引きはまだ足りないと感じます」

 年代別代表の合宿では常に「世界をリードするサッカーをしよう」と選手に伝え、意識も高めてきた。現在の若手には、トップで充分に通用する高い技術があり、運動量豊富で勤勉な選手も多くいる。しかし、それだけではトップで通用しない。「ゲームに勝つ」試合運びとはどういうことなのか。それは、経験のあるベテラン選手と同じピッチに立ってプレーすることで得られるだろう。

 もちろん、協会のサポートも欠かせない。

 そのひとつとして気になっていたのは、代表活動期間の増加だ。カナダ女子W杯後には、キャプテンの宮間あやが、「もっと代表の活動の機会を増やしてほしい」と切実に訴えた。実際、昨年1月から現在までの約16ヶ月間で、日本が戦った親善試合は国内外合わせて3試合だけ。同じ期間で18試合の親善試合をこなしているアメリカ代表との差は大きい。

「やはり、これまでの活動機会は少なかったと考えています。今年からの4年間、中期的な計画を立ててインターナショナルマッチデー(FIFAが確保している代表チームの活動日程)を有効に活用していきたい。リーグともしっかり話し合って、男子がやっているようなショートキャンプなど、リーグの日程に響かない形での活動もやってみたいと考えています」

 今井純子女子委員長の回答には、本気度が感じられた。

 初陣は、6月初旬。アウェーでアメリカとの親善試合が2試合(2日・コロラド、5日・オハイオ)組まれている。

「(世界)ランキング1位のアメリカは、これ以上ない相手だと思っています。今持っている私の力と、スタッフの力、選手の力を100%発揮できるように、全力でぶつかって、何が足りないか、何が日本の力かということを見極めたいと思います」(高倉)

 世界女王相手に、新生なでしこがどんな試合を見せてくれるのか楽しみだ。

松原渓●取材・文 text by Matsubara Kei