新茶で贅沢なひとときを…

写真拡大

「夏も近づく八十八夜」――。立春から数えて88日目の"八十八夜"、2016年5月1日限定で、ホテル椿山荘東京(文京区)では「宇治茶カフェ@フォレスタ」が行われます。

ホテルパティシエが作ったオリジナルスイーツも

「宇治茶カフェ」とは、宇治茶の歴史や文化、淹れ方などの説明ができる日本茶インストラクターやアドバイザーが配置されている喫茶のこと。現在京都府内にのみ店舗がありますが、5月1日限定で椿山荘の「カフェ フォレスタ」にやってきます。

メニューには、産地直送の高級な「宇治抹茶」(1200円)、他地域ではなかなか飲めない貴重な味わいの「玉露」(1200円)といったドリンク、ホテルパティシエがオリジナルで作った「宇治抹茶パフェ」(1800円)、スコーンやサンドウィッチなどを詰め合わせた「重箱に詰めた宇治スイーツセット」(2500円)といったスイーツが。スイーツ&ドリンクセットも用意されています。

開催時間は9時から18時まで。新緑に包まれるカフェ フォレスタで、お茶で心身ともにリフレッシュしましょう。詳細は公式サイトへ。