食欲を抑えたいなら…

写真拡大

ぽっこりお腹をへこませたいのに食欲が止まらない…そんな時は、生まれつき体に備わっている「食欲を抑制する働き」を利用しちゃいましょう。「痩せホルモン」と呼ばれるレプチンが、食欲を抑える働きを担っているのです。

■ 痩せホルモン「レプチン」の働きは2つ

◎ 食欲を抑制するレプチンの働き

レプチンはホルモンの一種で、人間の体の中で食欲を抑制する働きを担っています。人間は、主に食物から必要なエネルギーを摂取しますが、必要以上のエネルギーは脂肪細胞に溜めておきます。これが溜まりすぎると肥満になってしまいますが、脂肪細胞がレプチンを分泌することによって、体は食欲を抑制するモードに切り替わることができ、体を動かすのに必要な分のエネルギーだけを摂取するという抑制が効きます。

◎ エネルギーの消費を促す働きもある

それと同時に、レプチンは交感神経に作用して、エネルギー消費を高める働きをします。体内のエネルギー消費を上げることで、余分な脂肪が溜まりすぎないように調整をしていくわけです。このようにレプチンには、食欲を抑制して不要なエネルギーの摂取を抑える働きと、摂り過ぎたエネルギーの消費を促す働きの2つの働きをしています。ただ、レプチンには抵抗性がありますから、脂っこい食べ物を食べ過ぎた時などはレプチンの働きが低下してしまい、逆に食欲が促進されてエネルギー消費が増えてしまいます。このような状態が長く続くと、糖尿病などの重大な病気の原因となってしまうのです。

■ レプチンを活性化するにはこの方法がベスト!

痩せホルモンの働きがあるレプチンが働き出すのは、食事開始から20分経ってからと言われています。つまり、よく噛んでゆっくり食べることでレプチンが働きやすくなること。レプチンの働きで食べる量は少なくても満腹感を得やすくなります。よく噛むことでダイエットできるというのは、このことでもあるわけです。食べる量を減らして脂肪を減らせば、レプチンの働きも正常になり、活性化してきます。脂肪を燃焼する働きも活性化すれば、効率よくダイエットに成功できるでしょう。

(著:nanapiユーザー・カラダにキク「サプリ」 編集:nanapi編集部)