年下とのデートは損!? 年上女性×年下男性のデート代事情を調査! 

写真拡大

デート代の支払いについて、「男性に多く出してほしい」と思う女性も多いもの。でもアラサーともなれば、「年下男性」との出会いも増えてくるわけで。もし、「年下男性」と「年上女性」の組み合わせだったらいかがですか? どこか意見が変わるという人もいるかもしれませんね。そこで今回は、女性が年上のカップルについて、デート代の支払い割合について男女それぞれにアンケート調査を行いました。

■男女別! 理想の支払い割合ランキング

男女別に「女性が年上のカップルの場合、デートで食事の支払いは男女何対何が理想ですか?」と質問してみました。

●女性の理想ランキング

1位 男女割り勘 39.5%

2位 男性6:女性4 13.7%

3位 男性7:女性3 13.7%

4位 男性がすべておごり 10.7%

5位 男性8:女性2 7.3%

6位 男性4:女性6 5.4%

※7位以下省略

平均値……男性6:女性4

●男性の理想ランキング

1位 男女割り勘 42.5%

2位 男性がすべておごり 20.5%

3位 男性6:女性4 14.0%

4位 男性7:女性3 7.5%

5位 男性8:女性2 5.5%

6位 女性がすべておごり 4.1%

※7位以下省略

平均値……男性6.2:女性3.8

男女共に1位は「割り勘」となりましたが、それ以外の結果には男女で大きな差が出ました。特に、女性が「男性がすべておごり」としたのは約1割にとどまりましたが、男性は2割と、女性の倍になっています。女性が年上でなければ、「男性がすべておごり」と考える女性はもっと多かったかもしれませんね。それぞれそう思う理由について詳しく見てみましょう。

■年下男性と付き合う場合の女性のホンネ

●割り勘派の意見

・「男女割り勘。お互い了承して付き合うのだから年は関係ないと思う」(28歳女性/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「男女割り勘。出してあげたい気分と、女の子でありたい気分とで、横並びに対等に歩いていきたい」(34歳女性/医療・福祉/専門職)

・「男女割り勘。男性の収入にもよるけど、女性の方が多く出すより年下でも男を立てる方がうまくいくと思います」(32歳女性/小売店/販売職・サービス系)

「年齢は関係ない」という意見で割り勘派の人と、「年下だから割り勘」という意見の人に分かれました。年下でも男を立てる方がうまくいく、と考えて割り勘にする女性もいるようですね。

●男性が多く支払う派の意見

・「男性6:女性4。年上でも彼の方が上だという事を認識してもらう為にも少し自分よりは多く払ってもらいたい」(31歳女性/機械・精密機器/技術職)

・「男性7:女性3。歳は関係なく、男の器量を見せてほしい」(27歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「男性がすべておごり。年齢関係なく、男性にはいつもおごってもらっていたので、やはり全額出してもらいたい。」(34歳女性/その他/販売職・サービス系)

「年齢は関係ない」と考え、男性に多く払ってもらいたい人は一定数いるようです。「男性がすべておごり」と考える女性は全体の10%。これを多いととらえるか、少ないととらえるか個人差がありそうです。

●女性が多く支払う派の意見

・「男性4:女性6。ヒモにならない程度におごってあげたい」(31歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「男性3:女性7。きっと年下には甘いと思います。慣れてきたら割り勘ですね」(28歳女性/その他/販売職・サービス系)

・「女性がすべておごり。歳下だとお金がなさそうだし、デートするのが大変と思われると嫌だ」(26歳女性/情報・IT/営業職)

男性よりも、女性のほうが「自分が年上」であることに対してさまざまなことを考えるのかもしれません。中には引け目に感じる女性もいるようで、同い年や年上男性と付き合うときとはまったくちがう行動になってしまう人もいるのではないでしょうか。かなりの収入差があることがわかっているなら、いさぎよくかなりのお金を払ってあげる女性もいるようですね。

■年上女性と付き合う場合の男性のホンネ

●割り勘派の意見

・「男女割り勘。女性が年上ならきっちり割り勘が理想です」(34歳男性/金融・証券/営業職)

・「男女割り勘。年の差で支払いが変わるのは関係無いと思うから」(33歳男性/通信/技術職)

・「男性6:女性4。特に年齢は関係なく、かといって男性が全額支払う必要はない」(35歳男性/情報・IT/技術職)

割り勘派の意見としては、女性同様「年上なら割り勘」と考える人と、「年上とか関係なく割り勘」という意見に分かれました。

●男性がおごり(多く出す)派の意見

・「男性がすべておごり。年上でも女性だからいいところを見せたい」(28歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「男性がすべておごり。年上の女性とは言え、自分が出したい。ただし、自分の収入に見合うとこでなら」(33歳男性/医療・福祉/専門職)

・「男性8:女性2。特に付き合う条件でどっちが年上だからとかでの金銭価値の変動をつけるのはおかしい。社会人と学生の関係なら話は別」(35歳男性/小売店/販売職・サービス系)

女性なら年齢問わず「おごりたい」という男性も。おごることで「いいところを見せたい」と考える男性も多いようです。

●女性に甘えたい派の意見

・「男性4:女性6。甘えることができる相手ならそのようにしてもらいます」(28歳男性/医療・福祉/専門職)

・「女性がすべておごり。女性が年上なら思いっきり甘えたい」(35歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

やはり「年上女性」ということで甘えたいと思う男性も少数派ですがいます。「甘えられたい」と考える女性もいないことはないので、組み合わせ次第では理想の関係が築けそうですね。

■まとめ

「男性にはリードしてもらいたい」と考えている女性が、年下の男性と付き合うことになった場合には、「年齢に関係なくリードしてもらいたい」と思うものかもしれません。でも、年上であることに引け目を感じてしまうと、相手に思うように甘えられなくてつらい思いをすることもあるのではないでしょうか。いいお付き合いを長く続けて行くためには、このような考え方がピッタリ合う相手であることが必要そうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数女性205件男性292件(25歳〜35歳の働く男女))