29日、ロイター通信によると、米国防総省は同日、中国が米原子力空母「ジョン・C・ステニス」の香港への寄港を拒否したことを明らかにした。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月29日、ロイター通信によると、米国防総省は同日、中国が米原子力空母「ジョン・C・ステニス」の香港への寄港を拒否したことを明らかにした。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

米国防総省のアーバン報道官によると、香港には米第7艦隊の旗艦「ブルーリッジ」が現在寄港中で、さらにジョン・C・ステニスとそれに随伴する複数の艦船の香港への寄港を中国に要請していたが、中国政府が拒否したという。ステニスは中国が領有権を主張している南シナ海で哨戒活動を行っており、今月15日には、フィリピンを訪問したカーター米国防長官が視察した。中国がステニスの香港寄港を拒否した背景には米国のこうした動きがあるとみられる。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「中国は世界の指導者として米国に取って代わることができると考えているだろうが、イメージの問題がある」

「私たちは中国の艦船がニューヨークに入港することを許可するのか?」

「米国の艦船は南シナ海でトラブルを起こす以外に何をしているんだ?」

「中国の艦船も航空機も米国に来ることを禁止して、報復すべきだ」

「中国よ、心配しなくてもいい。いずれにせよ私たちは近いうちに寄港するよ」

「航行の自由には制限があるのか?」

「中国の問題を解決するために、私たちにはトランプ氏が必要だ。オバマ大統領はあの国にどう対応していいのか分からないのだから」

「中国は国民に、本当の艦船がどんなものなのかを見せたくないのだろう」(翻訳・編集/蘆田)