お部屋のインテリアにいかが? ロビンマスクのマスクを原寸大で立体化

写真拡大

メガハウスは、2016年4月29日に秋葉原UDXで開催される「キン肉マントイフェスティバル」に合わせ、正義超人「ロビンマスク」のマスクを原寸大で忠実に再現したディスプレイ用フィギュア「1/1スケール超人ヘッド ロビンマスク 原作カラーVer.重塗装再販」をプレミアムバンダイ内「メガトレショップ」限定で受注販売する。

発売予定は2016年9月下旬で、価格は2万7648円(税抜)。「キン肉マントイフェスティバル」開幕と同時の、2016年4月29日11時より予約受付が開始される。

【関連:キン肉マン、超人・ロビンマスク実物大マスクのアニメカラーVer.が再登場【関連:キン肉マン、超人・ロビンマスク実物大マスクのアニメカラーVer.が再登場】

1/1ロビンマスク

これは2009年4月に発売された「1/1スケール ロビンマスクヘッド 原作カラーVer.」をベースに、より高級感、重量感のある塗装を施したもの。ロビンマスクの鎧はサファイア製と鋼鉄製があるが、今回モデル化されたのはサファイア製。原寸大(約350mm)の大きさは迫力たっぷり。

重厚感ある塗装

素材はソフビとABSで、硬度9(作中での表現)を誇る硬さを実感できるような質感が、新たな「重塗装」によって、よりリアルに感じられるような仕上げになっている。銀色のマスクの奥に光るクリアパーツの目は鋭く、ロビン戦法「獲物は逃すな」を感じさせる出来。

なお、フィギュアの内側は空洞となっているが、あくまでもディスプレイモデルなので、実際にかぶることはできない。無理にかぶると破損したり、頭が抜けなくなったりする恐れがあるので注意。

(C)ゆでたまご・東映アニメーション