「送料無料」は魅力的(画像はイメージ)

写真拡大

Amazon.co.jpの「全商品送料無料サービス終了」(2016年4月6日発表)は、多くのネットユーザーに衝撃を与えた。「送料無料ゆえにAmazonを利用していた」という人は多く、これをきっかけに「他の通販サイトを利用する」という声も。

一方、今回の改定をきっかけに、年会費3900円(税込)で注文金額にかかわらず送料無料などの特典が受けられる「Amazonプライム」に入会したという人もチラホラ。決して安くない年会費に思えるが、「お金を払ってでも送料無料がいい」と考える人は意外と少なくないようだ。

女性は意外と少ない

「一太郎」や「ATOK」などのソフトウェアの開発・販売を行うジャストシステム(東京・新宿区)は16年4月20日、20〜50代の男女670人を対象に実施した「ネットショッピング実態調査【支払い/送料編】」の結果を発表した。

「年会費を支払うことで、送料無料などのさまざまな特典が受けられるサービスを利用したいと思いますか?」という問いに対し、「利用する意欲は高い」と回答したのは9.8%、「どちらかというと利用したい」は12.4%で、「あまり利用したいとは思わない」の34.7%、「利用しない」の27.3%を大きく下回った。

一方、性別・年代別に見てみると、「利用したい」女性の合計は15.5%にとどまったが、男性は28.9%。20代男性では38.2%、30代で34.4%、40代で26.6%、50代で15.3%と、若年層の男性が「年会費を払ってでも送料無料の特典を受けたい」という意欲が高いことが明らかになった。

プライム入会者「使い倒しているから元は取れる」

「年会費を払えば送料無料」になるサービスで最も有名といえるものが「Amazonプライム」だが、配送料改定を受け、ツイッターでは

「Amazonが送料無料やめたのでプライム会員に入った」
「一般の2千円以下送料無料もなくなるしAmazonプライムに入会した。使い倒しているから元は取れるだろう」

といった声が。

配送料改定は「注文合計額が税込2000円未満の場合、配送料として350円かかる」というものなので、2000円未満の買い物を頻繁にAmazonでする人ならばプライムに入会してしまった方がお得ということになる。

今回の調査結果が、若年層の男性ほどAmazonなどのネットショッピングをヘビーに利用しているということを浮き彫りにしたといえる。