29日、AP通信によると、中国の王毅(ワン・イー)外相とロシアのラブロフ外相は北京で会談し、南シナ海問題や朝鮮半島情勢などで両国が結束することを確認した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年4月29日、AP通信によると、中国の王毅(ワン・イー)外相とロシアのラブロフ外相は北京で会談し、南シナ海問題や朝鮮半島情勢などで両国が結束することを確認した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

王外相とラブロフ外相は29日、会談後の共同記者会見で、南シナ海問題に域外の国が干渉すべきでないと主張し、米国などに対抗するため両国が連携していくと述べた。また、北朝鮮によるミサイル発射などに対抗するために米国が高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)を在韓米軍に配備することを検討していることについて、両国が反対の立場であると述べた。ラブロフ外相は「THAAD配備は問題の解決にはならない」と述べ、王外相は、「ロシアと中国の安全保障戦略に直接的な影響を及ぼす」と主張し、「既に緊迫している情勢に火に油を注ぎ、地域の戦略均衡を破たんさせる可能性もある」と述べた。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「もちろん、彼らはTHAAD配備を阻止したいだろう。そして私たちには防御手段がなくなる」

「ロシアと中国は魔王だ。もうすぐ彼らが地球を制圧するだろう」

「世界ののけ者である2つの国が団結している。彼らはいつも悪い側にいる」

「ロシアと中国が反対しているのだから、私たちはミサイルシステムを配備すべきだと思う」

「米国はTHAADを配備して、さらに韓国と台湾と日本に生物兵器を提供すべきだ」(翻訳・編集/蘆田)