10ホールを翌日に持ち越した横峯さくら(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト 2日目◇29日◇ラスコリナス・カントリークラブ(6,462ヤード・パー71)>
 テキサス州にあるラスコリナスCCで開催されている、米国女子ツアー「ボランティア・オブ・アメリカ・テキサス・シュートアウト」の2日目は中断をはさんだ影響で全選手がホールアウトできず日没サスペンデッドとなった。第2ラウンドの続きは翌30日7時30分から再開される。

 順位は暫定ながらこの日“65”で6つスコアを伸ばしたゲリナ・ピラー(米国)がトータル10アンダーで首位に浮上。1打差の2位にジ・ウンヒ(韓国)、トータル8アンダーでハー・ミジョン(韓国)が続いている。
 日本勢は横峯さくらはINから出て17番まで消化しトータルイーブンパーの48位タイ。上原彩子は8番ホールまで終えて1つスコアを落とし、こちらもトータルイーブンパーの48位タイとなっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>