ドライヴァーをだます「3D道路標識」は安全? それとも危険?

写真拡大

3D道路標示は、路面に立体的に道路標示をプリントすることにより運転手に注意を向けさせる仕組みだ。だが、逆に運転手を驚かせて急ブレーキをかけたりしてしまい、かえって危険だという批判もある。

仕組み自体は新しいものではないが、その価値(と秘めたポテンシャル)に見合うほど、3D道路標示はいまだ普及していない。

「ドライヴァーをだます「3D道路標識」は安全? それとも危険?」の写真・リンク付きの記事はこちら

インドでは、グジャラート州で2人の女性が実に驚くべき「横断歩道」を発表した。縞模様のごく普通の横断歩道は無視されがちだが、彼女たちの横断歩道はドライヴァーの目を錯覚させることで、存在感のある「障害」が目の前にあるように思わせるものだ。結果、ドライヴァーは周囲に注意を払い、スピードを落とすようになる。

この仕組みにはネガティヴな意見がないわけではない。例えば、カナダで学校の近くの道路に描かれたもののような極端な場合だ。ボールを追いかけて突然飛び出す少女が描かれているが、本当に突然飛び出してくるように見える。これにはドライヴァーが驚くあまり、急ブレーキを踏んだりハンドルを急に切ったりすることになると指摘された。とはいえ、実際に舗装において段差を設けるよりも、3D標識のほうがずっと経済的なのは事実だ。

また、ドライヴァーの安全にとっても効果はあるはずだ。死亡事故も含む自転車事故は、あまりに多くの犠牲者を出しており、イタリアにおいては、1日あたり死者9人、負傷者は688人というデータが出ている[ACI(イタリア自動車クラブ)とISTAT(イタリア統計研究所)の最新データによる]。

3D横断歩道を見てわたしの頭に最初に浮かんだことは、自転車ライダーにとっての安全性だ。このシステムは、自転車レーンをより理想的なものにしてくれるだろう。最も安全な自転車レーンとは、車道よりも高く盛り上げれられた自転車専用道だとよく言われるが、そのためのコストは高額で、実現するのにも比較的時間がかかる。その点、3D道路標示は素晴らしい代替となる。自転車レーンにクルマを駐車してしまうのを断つのにも有効だろう。

※ 以下のギャラリーは「だまし絵12選──人はなぜ、そう錯覚するのか」より。

SLIDE SHOW 2

2/12アニメの少女 少女の目の色は、左右で違う? いや、まったく同じだ。赤いフィルターのせいで左目は青に見えるが、両目とも同じ濃度の灰色だ。これは以前話題になった「青 - 金色のドレス論争」に似ている。周囲の状況次第で、脳は同じ色を別のものとして認識することがある。IMAGE COURTESY OF PETER DELIUS VERLAG

3

3/12カフェのタイル壁 1970年代にブリストル大学の研究者たちが、カフェのタイル張りの壁を見ていたときに発見した錯視「カフェウォール錯視」と呼ばれている。白と黒の正方形の列の間にある灰色の線は一点に収束しそうに見えるが、実は平行だ。黒と白の密集した強いコントラストに引きずられて、脳は灰色の線を上下いずれかのタイルの一部とみなしてしまう。すると線の端点が交互に左右いずれかの側で高くなるため、「台形の錯視」が生じる。 IMAGE BY THOMAS HUNT

4

4/12矢印 前の「カフェウォール錯視」と同じように、これらの矢印も収束しているように見えるが、実は平行だ。この錯視の科学的説明はまだされていないが、上下の矢印の向きが交互になっていることと、色の強いコントラストが要因のようだ。IMAGE COURTESY OF MONASH

5

5/12格子模様 この錯視は「短縮遠近法」で完全に説明できる。遠近法の鉄則で、遠くの青い線は近くの緑の線よりも長い、と脳は解釈する。だが格子模様をなくすと、2本の線は同じ長さだとわかる。IMAGE COURTESY OF PETER DELIUS VERLAG

6

6/12Corporal Violet この19世紀の銅版画には、ナポレオン・ボナパルトと2番目の妻マリー・ルイーズ、そして2人のあいだの息子の横顔が隠れている。このような二義性の絵画は「顔」か「花」かというように、見えるものをひとつに強制選択させるため、両方を同時に見るのは困難だ(ヒント:ナポレオンの帽子を探そう)。こうしたタイプの絵は、現在でも認知能力の研究に使われている。IMAGE COURTESY OF PETER DELIUS VERLAG

7

7/12妻と母 ウィリアム・イーライ・ヒルによるこの古典的な二義性絵画で、1915年に米国の風刺雑誌「Puck」に掲載された。両方の女性が見えるだろうか?IMAGE COURTESY OF W.E.HILL

8

8/12キツネ 脳がつくりだす「残像の幻」が見えるのが、キツネの錯視だ。左のキツネに焦点を合わせて30秒ほど見つめたあと、右のキツネに焦点を移してみよう。右のキツネが赤っぽく見えるはずだ。この残像の効果は、両方に正確に焦点を合わせないと起こらない。脳がこうした残像をどうやってつくりだすのかは科学的に解明されていない。IMAGE COURTESY OF PETER DELIUS VERLAG

9

9/12女性 女性の鼻先に焦点を合わせて30秒見つめ、そのあと遠くの白い壁に目を移そう。キツネ錯視と異なり、この残像は一般的なもので、明るい部分が暗く、暗い部分が明るく見える。白い壁がプロジェクションスクリーンとなって、女性の顔が拡大されて見えるはずだ。IMAGE COURTESY OF OPLOJA

10

10/12ビラリー・クリントン このパズル状の写真には、「ビル・クリントン」と「ヒラリー・クリントン」の両方が見える。脳は断片的な視覚情報から全体像を抽出することができるのだ。この能力がなければ、安全に道を渡ることも、クルマを運転することもできないだろう。IMAGE COURTESY OF PETER DELIUS VERLAG

11

11/12テキスト 初めて読み方を習うときは、1文字1文字を判別して、それをつなぎ合わせて単語にする必要がある。けれども経験を積むにつれ、脳は少なくとも短く一般的な単語については、全体として処理できるようになる。ただし長い単語を解読するには、「最初と最後の文字が正しい」以上の情報が必要だ。IMAGE BY GEORG RUSCHE

12

12/12キューブ 見方によって、オレンジの立方体は青い立方体の中にあるようにも、前方に浮かんでいるようにも見える。他の錯視と同じように見え方が変わり、この錯視は「奥行き」の知覚である。あなたの脳が正解を求めると、この画像に対する解釈もころころ変わってしまう。IMAGE COURTESY OF PETER DELIUS VERLAG

Prev Next