2016年9月から日本で発売される予定のキャデラックCT6。一足早く日本上陸を果たし、メディア向けに公開されました。

ゼネラルモーターズのプレミアムブランドであるキャデラックのフラッグシップモデルであり、また新世代キャデラックのスタートともなるハイテクサルーンといえるCT6。

ライバルは、メルセデスSクラスやBMW 7シリーズといったフルサイズ・プレステージセダンになります。

アルミ鋳造材を巧みに用いたボディにより、ライバルよりも軽量に仕上げ、ドライバーズカーとしてのパフォーマンス面でのアドバンテージを狙っているのも特徴です。

1

日本での発表会において、キャデラックのチーフ・マーケティング・オフィサーであり、かつてBMWでもらつ腕をふるったウヴァ・エリングハウス氏は、

「ドイツ人である私としても、キャデラックはドイツ車でないことがアドバンテージになります。日本市場においてはキャデラックはニッチな存在かもしれません。しかし、それが世代交代の進むラグジュアリーカー・マーケットにおいて購入層にアピールするのです」

といった内容のプレゼンテーションを行ないました。

いかにもキャデラックらしい先進的なスタイリングは、同ブランドが120億円を投資した新世代ラインナップのスタートといいますが、テクノロジー以上にアメリカ人の持つ楽観的なマインドや情熱、そしてアメリカンドリームといったパッションを表現しているといいます。

また、34個ものスピーカーを配した専用設計の「Boseプレミアム・サラウンド・サウンドシステム」を標準装備しているのもセールスポイントとなっています。

日本向けのCT6は、シリンダー休止機構を備えた3.6リッターV6エンジンに8速ATを組み合わせたAWD(四輪駆動)というモノグレード設定。AWDとしたことにより「降雪地域での安心感も、お客様に提供できると考えます」とゼネラルモーターズ・ジャパンの石井澄人 社長はアピールしていました。

●キャデラックCT6 セダン プラチナム
全長:5190mm
全幅:1885mm
全高:1495mm
ホイールベース:3110mm
車両重量:1920kg
乗車定員:5名
エンジン形式:V型6気筒DOHC
総排気量:3649cc
最高出力:250kW(340PS)/6900rpm
最大トルク:386Nm(39.4kg-m)/5300rpm
変速装置:8速AT
駆動方式:AWD(全輪駆動)
タイヤサイズ:245/40R20 95W
メーカー希望小売価格:998万円(消費税8%込)

(写真・文 山本晋也)

キャデラックのフラッグシップ「CT6」は、情熱がハイテクを覆した力作(http://clicccar.com/2016/04/30/369036/)