日本を訪れる中国人旅行客が増加の一途を辿っており、中国のインターネット上では訪日した中国人旅行客による手記を見かける機会が増えている。その内容は日本の清潔さや安定した社会秩序を称えるものが一般的だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客が増加の一途を辿っており、中国のインターネット上では訪日した中国人旅行客による手記を見かける機会が増えている。その内容は日本の清潔さや安定した社会秩序を称えるものが一般的だ。

 中国では今なおテレビで抗日ドラマが連日のように放送されているが、実際に日本を訪れた中国人の目に映る真実の日本の姿が中国で広く知られるのは非常に歓迎すべきことと言えるだろう。中国人旅行客らの手記は、中国のテレビではなかなか報じられない生の情報だからだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「真実の日本とはこのような国だ」と題する記事を掲載。日本を訪れた中国人が見た日本の姿を数多くの写真とともに伝えている。日本人ならばどこでも見かけるような普通の光景について、中国人の視点で紹介した。

 記事は、日本の地下鉄などの公共交通機関の利用客は携帯電話で話をしないと紹介、誰もが普通に携帯電話を使用する中国の公共交通機関とは違う光景があることを伝えた。さらに、日本の男性は「仕事が終わったらすぐに帰宅しなければならない中国の男性とは違い、まっすぐ帰らずに居酒屋に行く」と紹介し、週末の夜ともなると泥酔したまま駅などで寝てしまう人がいることを伝え、「日本では老若男女を問わず、酔っぱらいを見かける機会が多い」と伝えている。

 さらに、日本人は誰もが法律を順守すると伝え、国による管理が緩いと指摘。中国のように警官がいたる場所で治安維持を行っているのと異なり、管理する人がいないような場所でも秩序が保たれていると驚きを示した。

 そのほかにも記事は、日本人から見れば何でもないような日常の光景も、中国人にとって驚きだったり、新鮮だったりすることを中国人の視点で中国の読者に向けて紹介している。こうした生の情報が中国に伝わることは、中国人の日本に対する理解につながり、ひいては日中の相互理解にもつながっていくだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)