夫妻が出会ったバーで初対面の男性と会い、その日のうちに鶯谷にも行っていた妻。証拠はネットに残っていた

写真拡大

 昨日から待ちに待ったゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか?

「やっと檻から解放されてせいせいするわ。ようやく心身ともに休めるよ」

 そんなふうに今まで張りつめてきた緊張の糸が昨日、プッツリと切れてしまった人も多いのでは?なにしろ、仕事の面では新会社への転職、新部署への異動、そして新担当者への交代など新年度から周囲の環境が大きく変われば、今まで以上にストレスやプレッシャー、そして不安が大きくのしかかるのだから。このような五月病の症状は男性より女性の方が顕著なのでは?なぜなら子どもの進学や進級、そして新しい習い事や地域のイベントなどで初対面の先生やママ友、そしてご近所さんと否応なく付き合わなければならないのですから。

 もちろん、我慢の限界に達する前に、途中で発散することができれば何も言うことはありません。人間の三大欲求は食欲、睡眠欲、性欲ですが、例えば、ホテルのランチブッフェで全メニューを制覇したり、連休初日にお昼過ぎまで爆睡したりという感じで。今回、焦点を当てたいのはストレスのはけ口が「性欲」に向けられた場合、どうなるのかです。

妻と出会ったバーで結婚の報告
「妻には怪しい人がいるよ」とマスター

 今回紹介する松本亮さん(36歳)も渦中の1人です。亮さんの妻はぽっかり空いた心の隙を「別の男」に突かれ、せっかくの大型連休なのに家庭内がメチャクチャになってしまいました。一体、何があったのでしょうか?

「とにかく大切な思い出を汚されたことが一番、腹立たしかったんです」

 そんなふうに亮さんが苦虫を噛み潰すように語ってくれたのは3年前のゴールデンウィーク明けのこと。

◆今回の離婚のトラブル/妻が常連のバーで、妻が男性とよく来ていることを知らされた夫は、インスタグラムと交通ICカードの履歴を辿り妻の浮気の証拠を掴んだ。

<登場人物(すべて仮名)>
夫:松本亮さん(36歳。会社員で年収900万円)
妻:松本凜子さん(34歳。派遣社員で年収250万円)
子:松本拓海(6歳。夫婦間の子ども)

・夫婦の状況とトラブルの経緯
夫妻が出会ったバーのマスターから「妻には怪しい人がいる」と聞かされた夫。インスタグラムのチェックイン記録と交通ICカードの履歴から妻の浮気の証拠を掴む。さらに、妻の浮気相手とフェイスブックで“友達”だった夫は間男から思わぬ攻撃を受けることに……。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)