授乳量を1グラム単位で計測

写真拡大

健康総合企業のタニタは、家庭用では国内初となる1グラム単位で赤ちゃんの授乳量が表示可能な授乳量機能付ベビースケール「nometa(のめた)BB-105」を2016年5月1日に発売する。

母乳育児は授乳量が目に見えないため「母乳が出ているのか、足りているのか」との不安が多く、授乳量を細かく確認したいというニーズに応えた。

赤ちゃんの体重を授乳前後に計測し、その差を授乳量として表示するため記録や計算の手間が不要。表示項目は「体重」「前回体重」「授乳量」。最大20キログラムまでの体重計測に対応し、1グラム単位で授乳量を表示できる。

赤ちゃんのからだを安定させるため、計測台には柔軟性に優れたすべりにくいEVAマットを採用。温かみのあるアイボリーカラーで、本体素材には汚れを拭き取りやすい樹脂を使用している。

サイズは幅580×高さ93×奥行き390ミリメートルで、重量は約2.2キログラム(電池含む)。