26日、米オンライン旅行予約サイト・エクスペディア(Expedia)は2016年第1四半期の調査結果を公開し、韓国人に最も人気があった観光地は大阪であると発表した。写真は大阪城。

写真拡大

2016年4月26日、米オンライン旅行予約サイト・エクスペディア(Expedia)は2016年第1四半期の調査結果を公開し、韓国人に最も人気があった観光地は大阪であると発表した。環球時報(電子版)が伝えた。

具体的な人数は公開されなかったが、第1四半期で大阪を観光地に選んだ韓国人は全体の17.5%で首位。前年より37.5%の増加だった。増加率で最も高かったのは韓国の済州島で、前年同期比93.1%増のランキング2位となり、ソウルが後に続いた。

大阪が人気を集めていることに関してエクスペディア側は、「大阪は韓国から飛行機で2時間と距離が近く、古都・京都に隣接していることも大きい。大阪はグルメなど特色が多いため韓国人に人気となっている」と分析した。このほか、4位から沖縄、東京、釜山、台北、福岡、グアム、香港と続いており、TOP10に日本の観光地が4都市ランクインした。(翻訳・編集/内山)