複数の断層帯がひしめく九州 識者がM7級の地震の恐れを指摘

  • 29日、大分県の由布市北部を震源とした震度5強の地震が発生した
  • 複数の断層帯がひしめく中、今回は「万年山断層帯」が震源とみられている
  • 識者は、同断層帯がM7級の地震を引き起こす恐れもあると指摘した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング