ネットでの売買の取締を(shutterstock.com)

写真拡大

 2016年4月、北海道で44歳の男性パート従業員が、インターネットを利用して英国より2度にわたってメチオプロパミン6.2g(1万1300円相当)を国際郵便で羽田空港に輸入し、逮捕されたとの記事が地方紙に掲載された。

 メチオプロパミンとは、覚醒剤メタンフェタミンの化学構造式の一部を変換させて製造された、いわゆるデザイナードラッグ(類似麻薬)である。近年、化学構造式を次々と変換させて摘発を免れの「イタチごっこ」を続けてきた危険ドラッグと、同じような性格の薬物である。

 メタンフェタミンは、日本ではヒロポンという名称で知られている。医療機関ではうつ病などで患者の虚脱状態、昏睡、脱力感などの症状を改善させる目的で用いられている。しかし、あくまでも医療機関での使用が限定許可されている薬物であり、市中での販売は禁止されている。
 
 ヒロポンとは「疲労をポンと取る」に掛けて名付けられたといわれている。第二次世界大戦中は、軍隊で兵士の疲労回復、戦意高揚などを目的として盛んに利用されていた。

 しかし、副作用として、不安、興奮、頭痛、不眠、動悸などの症状が出現し、それによって多くの兵士が悩まされた。戦後になって劇薬指定され、さらに1951年に制定された覚醒剤取締法により禁止薬物に指定され、中毒患者は激減した。

 メチオプロパミンもメタンフェタミンと同様な機序で、ほぼ同等の効果が得られる。2010年ごろよりイギリスで多数の不正使用例が報告され、依存症患者が爆発的に増加。主にインターネットを介しての売買が中心で、ホームページは魚や水草の専門ショップを装い、その実、研究用化学物質のページに誘導させるという、実に巧妙な手口で販売されていた。

 当時、イギリスの行政・司法機関は規制に動いたが、わが国で展開されている危険ドラッグめぐる「いたちごっこ」と同じような経過をたどった。
今回の事件から見えてくる問題点

 今回の北海道での事件浮き彫りとなった問題点は、今まで薬事法で包括指定制度が確立されて摘発された危険ドラッグ同様、覚醒剤や麻薬の領域でも、同じように次から次へと類似麻薬が製造・販売されていることである。

 その中には、服用するとどのような「効果」があるのか、副作用の心配があるのか、一般市民には理解できないものも少なくない。さらに、成分組成が明確でなく、その中毒量・致死量がまったくわからないことなど、懸念される点があまりにも多い。使用者が被害者となるばかりではなく、社会的犯罪を巻き込む可能性も高いことも予想される。 

 さらに深刻な問題は、危険ドラッグ、覚醒剤、麻薬に関するインターネットを利用しての取引である。情報化社会の急速な発展により、多くの市民が世界中の情報を、インターネットを介していつでもどこでもいとも簡単に入手できるようになった。

 しかし、有益な情報ばかりではなく、危険ドラッグに関する情報など、社会悪に通じる粗悪な情報も獲得し利用することも可能である。ネット上での危険ドラッグの取引に関しては、何らかの規制・取り締まりの強化が必要な時期に来ている。


横山隆(よこやま・たかし) 
日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジスト)、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医 
1977年札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長、2015年8月に同病院退職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。 
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。