29日、米大統領選のクリントン候補とトランプ候補は早くも本戦を見すえた舌戦を展開している。写真は米紙の報道。

写真拡大

2016年4月29日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトによると、激烈な選挙戦が続く米大統領選予備選だが、指名獲得に近づいた民主党のヒラリー・クリントン候補と共和党のドナルド・トランプ候補は早くも本戦を見すえた舌戦を展開している。

27日、トランプ候補はクリントン候補が女性カードを使っていると指摘し、「もしクリントン氏が男性だったなら得票率は5%以下だろう」とあざけった。クリントン候補は「もし女性のための保険、有給休暇、同一労働同一賃金といった政策が女性カードだというならば、私は喜んで女性カードを切ります」と応じた。

早くも始まった二人の舌戦。大統領選もクリントンVSトランプという構図になるのだろうか。先月実施された世論調査では、この二人の対決になればクリントン候補の得票率が9ポイントのリードとの結果が出ている。(翻訳・編集/増田聡太郎)