台湾鉄路管理局提供

写真拡大

(台北 29日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄、台北市)と江ノ島電鉄(江ノ電、神奈川県藤沢市)は、2013年から実施していた一日乗車券の相互無償交換に代わる新たなキャンペーンとして、各沿線の観光情報や提携店舗のクーポンが付いたパンフレット「日台鉄道観光パスポート」の配布を5月1日から開始する。

台鉄によると、平渓線沿線で使える日本語版は台北駅と瑞芳駅で、江ノ電沿線で利用可能な中国語版は藤沢駅、江ノ島駅、鎌倉駅でそれぞれ入手できる。パンフレットをもらうには使用済みの一日乗車券が必要。配布期間は来年3月末まで。

キャンペーンの開始に合わせ、台北、瑞芳の両駅などで、記念一日乗車券が3000枚の数量限定で販売される。

(陳葦庭/編集:杉野浩司)