オリヴァー・ストーンの『スノーデン』、予告編第1弾

写真拡大

オリヴァー・ストーン監督によるエドワード・スノーデンの伝記映画『スノーデン』予告編第1弾が公開された。ドラマティックな演出が印象的だ。

エドワード・スノーデンが米国家安全保障局(NSA)のネット監視プログラム「PRISM」の存在を暴露してパラダイムシフトをもたらした問題について、ジャーナリスト目線の物語を求めているなら、昨年公開されたドキュメンタリー映画『シチズンフォー:スノーデンの暴露』(日本語版記事)を絶対にチェックすべきだ。

「オリヴァー・ストーンの『スノーデン』、予告編第1弾」の写真・リンク付きの記事はこちら

いっぽう、オリヴァー・ストーン監督によるもっと派手なヴァージョンを求めるなら、この映画『スノーデン』予告編を観てほしい。あのニコラス・ケイジも元諜報員役で出演している!

高速かつ大量のキーボード入力を行うシーンが多々ある内容をドラマティックに表現するのは、いつだって難しいものだ。予告編を観た限りでは、この映画では、それを器用にやってのける方法が見つからなかったらしい。作品を面白くするために、あれこれ効果的な脚色が施されている。

例えば予告編では、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じるスノーデンがルービックキューブにSDカードを埋め込んでセキュリティゲートをかわしてデータを持ち出すという面白い設定だが、実際に用いられたのは、極秘データが入ったUSBメモリを持ち出すという退屈な手段だった。

幸いなことに、実話にもドラマ的な要素は十分にあるので、オリヴァー・ストーンがリアルで、しかも劇的な作品をつくるチャンスもたっぷりとあるはずだ。公開作品がどうなるのか、早く見たい。

見どころ:29秒のシーンでは、高速でのデータ入力。46秒のシーンでニコラス・ケイジが登場。57秒のシーンでは、1992年のSF映画『バーチャル・ウォーズ』を思わせるネット空間の可視化が見ものだ。

1分40秒のシーンで、ルービックキューブが華麗に放り投げられる。2分5秒のシーンは無人機による米軍の攻撃だろうか?

印象的な言葉:悪役のNSA職員は、作品のなかでこう述べている。「グーグル検索と思えばいい。ただし、グーグルはすべての公開情報を検索しているが、われわれは公開されていないすべての情報も調べるということだ」