29日、中国新聞網によると、韓国の防疫当局は国内で3人目となるジカウイルス感染者の確認を発表した。資料写真。

写真拡大

2016年4月29日、中国新聞網によると、韓国の防疫当局は国内で3人目となるジカウイルス(ジカ熱)感染者の確認を発表した。

この患者は2人目の感染患者として27日に発表された男性の兄で、兄弟は4月上旬に5日間の日程でフィリピンを旅行していた。弟は、フィリピン滞在中に蚊にさされたと話している。

韓国で1人目のジカ熱患者が報告されたのは先月22日。他のアジア諸国でも感染例が相次いで発表されており、環球時報は29日付で掲載した「ジカ熱の暗雲がアジアを襲う」と題する記事でベトナム、フィリピン、日本、タイなどの状況を紹介している。(翻訳・編集/野谷)