【ニコニコ超会議】『真空管ドールズ』1/1スケールで再現した「ドール型PCケース」発表、オビツ製ボディにハイエンドPCを搭載

写真拡大

4月29日からサービスが始まったスマホ向けゲームアプリ『真空管ドールズ』が、幕張メッセ(千葉県)で開催されているイベント「ニコニコ超会議2016」に出展。午後から実施したステージイベント中に、本作に登場するキャラクター「ユニ」を1/1スケールで再現したドール型PCケース「DTX-1」を発表しました。

【フォトギャラリー】ドール型PC、コスプレイヤー、ブースの模様を写真でチェック(全16枚)

原案者・John hathaway(ジョン・ハサウェイ)が考案した“人間と共存するロボット”をコンセプトのひとつとして生み出された「真空管ドール」。デザインのベースとなっているのは、ゲームにも登場してる「ユニ」を再現したもので、素体となっているボディはドールメーカー「オビツ製作所」が担当。

大きさは約150cmで、背部のパネルを開くと胴体部分に格納されたPC部分が見えるようになっています。この試作モデルは「Windows 10」を搭載しており、実際にブース前で稼働デモを披露していました。

今後の商品化についてはいまのところ未定となっているそうですが、今後の展開に期待したいところ。

「DTX-1 ドール型PCケース ユニ」スペック

CPU:core i7 -4790K(Devils Canyon 4.00GHz)
メモリ:16GB
電源:SFX 650W
M/B:ASRock H97M-ITX
ドールベース:オビツ製作所

御伽ねこむ、えなこなど人気コスプレイヤーも集結!魔法街を再現した超豪華ブースをレポート

スクウェア・エニックス「ファイナルファンタジー14」のすぐとなりに展開されていた「真空管ドールズ」のブースは、作品の舞台となっている架空の都市「魔法町」を再現した豪華な装飾が施され、「御伽ねこむ」「えなこ」など人気コスプレイヤーたち31人が集結。

作中に登場するキャラクターのコスチュームを纏った彼女たちは「ドール型PCの専門ショップ」のようなイメージのショーウィンドウに入って、アピールを繰り広げていました。