琉球区漁会(漁協)提供

写真拡大

(台北 29日 中央社)台湾漁船「東聖吉16号」が沖ノ鳥礁(日本名:沖ノ鳥島)近海で日本の海上保安庁に拿捕(だほ)されたのを受け、行政院(内閣)海岸巡防署(海上保安庁に相当)は29日、沖ノ鳥近海への巡視船派遣を決定したと発表した。来月1日に高雄港を出発し、農業委員会の漁業練習船と共に警護などを行う。

同署は、中華民国(台湾)政府は沖ノ鳥礁は島ではなく岩で、日本は排他的経済水域(EEZ)は主張できないと考えていると強調。同礁の領海12カイリ(約22キロ)より外の海域は国連海洋法条約上、公海であり、日本に台湾漁船を取り締まる権利はないとした。

総統府の陳以信報道官も29日、沖ノ鳥礁を島とみなすのは、国際社会における日本のイメージをひどく傷付けると指摘。自国の主張が理にかなっていると思うのであれば、第三者の専門家に判断を委ねるべきだと語った。

外交部の林永楽部長(外相)は同日、日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所の沼田幹男代表を呼び出し、厳正に抗議。立法院(国会)も日本側に抗議声明を出した。

(劉麗栄、劉建邦、温貴香/編集:杉野浩司)