28日、「70年代生まれ」や「80年代生まれ」「ハーフタレント」など、それぞれのジャンルで選ぶ「トップ美女」の顔ぶれを、国際在線が伝えた。メイン写真はファン・ビンビン。

写真拡大

2016年4月28日、「70年代生まれ」や「80年代生まれ」「ハーフタレント」など、それぞれのジャンルで選ぶ「トップ美女」の顔ぶれを、国際在線が伝えた。

【その他の写真】

「中国トップ美女」に選ばれた女優ファン・ビンビン(范冰冰)は、「80後(80年代生まれ)」でもトップ。同じ「80後」の香港代表美女には、セシリア・チャン(張柏芝)が選ばれている。

「台湾トップ美女」はリン・チーリン(林志玲)、「香港トップ美女」には80〜90年代の銀幕を飾ったヒロイン、ロザムンド・クワン(關之琳)が選ばれた。

中国を見ると、「70後(70年代生まれ)」で最高の古典美女は、その清らかでピュアな美貌から「水の妖精」と呼ばれるジアン・チンチン(蒋勤勤)。ファン・ビンビン以前のトップ美女には、巨匠チェン・カイコー(陳凱歌)監督の妻としても知られるチェン・ホン(陳紅)の名前が挙がっている。さらに「85後(85〜89年生まれ)」では、リウ・イーフェイ(劉亦菲)がトップ美女となっている。

「ハーフ美女」のトップは、モデルで女優アンジェラベイビー(楊穎)。ガールズグループのトップ美女は、香港の人気ユニットTwinsのジリアン・チョン(鍾欣[シ童])だった。

「中国語映画界のトップ美女」に選ばれたのは、映画「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」シリーズで絶大な人気を集めたジョイ・ウォン(王祖賢)。さらに、誰もが認める最高のトップ美女となったのは、「スウォーズマン」や「恋する惑星」など、数々の映画で知られる台湾出身のカリスマ女優、ブリジット・リン(林青霞)だった。(翻訳・編集/Mathilda)