©2016 Marvel

写真拡大

2016年4月29日(金・祝)公開の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。

【写真8枚】『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』フォトギャラリー

キャプテン・アメリカとアイアンマンが対立し、アベンジャーズが分裂。

お互いに戦い合うという、これまでにない迫力の映画です。

これまで映画が12作品、TVドラマが4シリーズ計123話作られているマーベル・シネマティック・ユニバースのシリーズはそう簡単に予習ができない壮大な物語になってきました。

でも、いままでマーベル作品を観たことがない…という人でも大丈夫!

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ははじめての人でも十分に楽しめる作品です。

とりあえずこの作品を観て、面白ければ他の作品を観てみよう! という形がおすすめです。

今回は、マーベル初心者のために、最低限これだけ知っておけば物語にしっかりついていける基礎知識をご紹介します。

キャプテン・アメリカは第二次世界大戦の英雄

まずは本作の主役であるキャプテン・アメリカ。

彼は第二次世界大戦時に薬で非常に強くなった人間です。

その名の通りアメリカを背負った典型的なヒーローで、その正義感は誰にも負けません。

武器は自身が持つ強靭な肉体と、世界最強の金属で作られた盾です。

世界を守るために自ら犠牲となったものの、氷漬けの状態で発見されます。

70年ぶりに目を覚ましたキャプテン・アメリカは、現代社会でも高潔なヒーローとして、アベンジャーズを束ねています。

キャプテン・アメリカの相棒バッキー

キャプテン・アメリカの戦時中の相棒バッキーは、昔命を落としてしまいました。

彼はそれをずっと悔やんでいたのですが、実はその後バッキーが敵に捕らえられ、サイボーグとして洗脳され、暗殺者となっていたことが判明。

ウィンター・ソルジャーと呼ばれるようになったバッキーは、任務時以外は冷凍保存され、現代まで寿命を迎えることなく活動してきました。

ウィンター・ソルジャーとなったバッキーと再会したキャプテン・アメリカは何とか彼に昔のことを思い出させようとし、一応バッキーもキャプテン・アメリカを思い出したっぽいところが前作までのお話です。

アイアンマンも本来は大切な仲間

アイアンマンの正体は実業家で大富豪のトニー・スターク。

両親が軍需企業の社長をしていましたが、事故死してしまったために社長を引き継ぎ現在に至ります。

しかし、とある事件をきっかけに武器を扱うことを一切やめ、世界平和のために尽くすことに決めました。

飛べたり手からビームを出したりできるスーツを着てアイアンマンとなり、敵と戦います。

スーツには非常に優秀なAIが搭載されていて、スーツの状態や相手の分析など何でもしてくれます。

日常生活でもこのAIが手助けをしてくれます。特に優秀だったAI「ジャービス」は先日いろいろあって人間のような体を手に入れヴィジョンと呼ばれるようになりました。

アイアンマンは現在もスーツがなければ普通の人間なのであまり戦いは好まず、人間の力で世界を守れるのか不安に思っています。

父ハワード・スタークもトニーも自身が天才的な科学者。

ハワードは戦時中に活躍した人で、キャプテン・アメリカに盾をあげたのも彼でした。

他にも強いヒーローが集まるアベンジャーズ

地球最強のヒーローチームと称されるアベンジャーズ。

キャプテン・アメリカやアイアンマンを中心にたくさんのヒーローが所属しています。

本作では2つのチームに分かれてしまうので、分けてご紹介します。

キャプテン・アメリカチーム

ファルコン…機械の翼を付けて飛び回る。 ホークアイ…弓矢の達人。前作で家族のためにヒーローを引退した。 スカーレット・ウィッチ…現実改変能力のような能力を持つ。超強い。 アントマン…体を蟻サイズにできるスーツを着て戦う。

アイアンマンチーム

ブラック・ウィドウ…とても強いスパイ。 ウォーマシン…アイアンマンのスーツを着た人。 ブラックパンサー…今作が初登場。 ヴィジョン…トニーの作ったAIがいろいろあって実体化。超強い。 スパイダーマン…今作が初登場。

アベンジャーズには他にも神の王様や緑の巨人もいますが、本作には登場しないので割愛。

これまでの簡単なあらすじ

映画全13作品の物語の中から、特に重要なポイント、『シビル・ウォー』に関わってくるポイントを抜き出しました。

キャプテン・アメリカが生まれるところから前作までの簡単なあらすじです。

第二次世界大戦中、キャプテン・アメリカ誕生。バッキーと相棒になる。

バッキー死亡。と思われたが実は悪の組織に捕えられていた。

キャプテン・アメリカ、世界を守るために氷漬けとなる。

冷戦中、悪に洗脳されたサイボーグとなったバッキー、ウィンター・ソルジャーとして暗殺活動を行う。

トニー・スターク生誕。少年時代に両親が事故死したので軍需企業を引き継ぐ。

現代、キャプテン・アメリカが発見され、活動を再開。トニーは軍事関連から手を引きアイアンマンとして活動を始める。

地球外の軍隊が攻めてきたのでヒーローを集めてアベンジャーズを結成。ニューヨークで戦い、なんとか勝利。

アベンジャーズの後ろ盾だった組織が悪の組織のせいで崩壊。その戦いの中でバッキーがキャプテン・アメリカを思い出す。

アイアンマンが作ったAI軍隊が暴走、人類を滅ぼそうとする。アベンジャーズが「ソコヴィア」(地名)でそれを止めるために街ごと消す。一応住人は避難させた。

すごく簡単にまとめましたが、これだけ知っておけば『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は十分楽しめるはず。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でマーベルの世界にハマったら、ぜひこれまでの作品たちも観てみてください!

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』2016年4月29日(祝・金)全国ロードショーです。