Amazon「レストラン出前」サーヴィス、全米9都市で

写真拡大

アマゾンは、注文した商品が1時間以内に届く「Prime Now」の一環として、100以上のレストランからメニューを選択できる出前サーヴィスをすでに全米8都市で展開しており、このほどサンフランシスコでも開始する。

アマゾンは、注文した商品が1時間以内に届く「Prime Now」の出前サーヴィスをサンフランシスコでも開始すると発表した(上記動画は2015年9月、シアトルで撮影されたもの)。

「Amazon「レストラン出前」サーヴィス、全米9都市で」の写真・リンク付きの記事はこちら

アマゾンは2015年9月、最初の出前サーヴィスをシアトルで開始した。現在はポートランド、ロサンジェルス、シカゴ、オースティンなど、全米の8都市に拡大している。

サンフランシスコでのPrime Now会員はすでに、年会費99ドルを支払えば、2日以内に届く「お急ぎ便」やストリーミング動画などを無制限で利用できるが、今後は追加料金なしで、地元のレストラン117のメニューを1時間以内に届けてもらうことができる。対象エリアはサンフランシスコ市内33の郵便番号で、アマゾンにとって最大規模の出前サーヴィスになるという。

Amazon Primeの会員は、専用のアプリケーションで注文すれば、さまざまな日用品が1時間以内に届くPrime Nowを利用できる。出前サーヴィスも年会費のみで利用でき、追加料金や手数料はかからない。

アマゾンはさらに、レストランのメニューと同じ価格を保証している。アプリケーションに表示された価格の方が高いことに気付いた場合、注文から24時間以内に連絡すれば全額が返金されると、アマゾンは述べている

ライヴァルだらけのサンフランシスコで出前サーヴィスを開始することは、一見すると、困難が待ち受けているように見えるかもしれない。すでにCaviar、Munchery、Postmates、Sprigなどが同様のサーヴィスを展開している。ウーバー・テクノロジーズもこの市場に2015年から参入している(日本語版記事)。

それでも、アマゾンは成功する可能性があるユニークな位置にいる。アマゾンはすでに、業界トップを狙える効率的な配送システムをもっているからだ。物流の合理化で富を築いたアマゾンは、まるでスイッチを入れるように、配送のインフラに新たな商品を投入するだけで済む可能性がある。

アマゾンはこの出前サーヴィスを無料で提供し続けるとは断言していないが、しばらくは新たな特典として、Prime会員の勧誘に利用できるだろう。