働く女子が体験した! 電車や公衆の面前で注意されたコト・注意したコト

写真拡大

電車などの公共の場でのマナーを守ることはとても大切です。マナーを守れなくて、ほかの人から注意されてしまうのは仕方のないことですよね。そこで今回は女性のみなさんに電車や公共の場で他人を注意したこと、または注意されたことについて、お話を聞いてみました。

■優先席での携帯使用

・「優先席で携帯電話を触ってて、注意されたことがあります」(33歳/その他/事務系専門職)

・「優先席に座っていて携帯を触っていたら、注意されたことがあります。え、なぜ私だけ? と正直思いましたが、『すみません』と言って、その場を離れました」(31歳/情報・IT/営業職)

・「優先席の前で携帯をいじっていたら、隣に立っていた老夫婦のおじいちゃんに大激怒されました。たしかに優先席の前でいじっていた私が悪いですが、激怒しすぎです……とも思いました」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

電車内で通話をすることもいけませんが、優先席でスマホを使用するともマナー違反とされていますよね。優先席近くは空けておいてあげたいものですね。

■会話のボリューム

・「高校生のとき、駅で友だちとおしゃべりしてたら、サラリーマンに『うるさい!』って怒鳴られました」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分ではないが、女子大生二人がけっこう普通のボリュームでおしゃべりをしていて、おじさんがすごい注意していた」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「学生の卒業旅行で新幹線で複数人数で話しているとき、車掌に注意された」(28歳/小売店/営業職)

人の会話のボリュームというのは、自分がしゃべっているときは気にならないものですが、他人がしゃべっていると、とてもうるさく感じてしまうものです。自分たちだけが利用している場ではないと思い、会話は小さな声でするように心がけたいですね。

■イヤホンの音

・「イヤホンで音楽を聴いていたら、『うるさい!』と注意された」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「『イヤホンの音がうるさい』と言われたことがある気がする」(31歳/その他/クリエイティブ職)

携帯音楽プレーヤーで音楽を聴いていると、本人は回りをシャットダウンできて音楽に集中できるものですが、周囲はイヤホンから音漏れしている音にイラッとしてしまうこともあります。音量を絞るなどして、気遣いをしたいですね。

■そのほかにもこんなエピソードが……

・「電車で子どもが騒いで走っているのを見て『危ないよ』と注意した。親も見ていなくてすごく腹が立ったけど、強く怒ると問題になりそうだったから、優しく言った」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「道路でタバコをポイ捨てしたおじさんに注意したことはある。相手は『びっくりした〜』なんて笑いながら、ごまかしていた」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「満員電車で『どけ!』とおじさんに言われ、押されたことがある。満員電車はいろんな人がいるし、余裕ない人もいるので嫌いです」(31歳/情報・IT/技術職)

ほかにもいろいろな注意をしたり、逆に注意を受けた経験がある方もいるようですね。子どもに注意をしない親も増えたものですが、まわりも注意をしたくても、なかなかしづらい世の中になっていますよね。

■まとめ

公共の場でのマナーを守れなくて、ほかの人から怒られても、自分以外にもしている人がいると理不尽にも感じてしまうものです。ほかの人がやっているから大目に見られるのではなく、マナーはだれかがやっていてもやっていなくても、守らなくてはなりませんよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数151件(22歳〜34歳の働く女性)