まず自分を知る。なりたいイメージの話し方になれる秘訣

写真拡大

話をしていて、この女性の話し方ってステキと思うことってありますよね。逆に、なんとなく嫌いということも。では、自分自身は自分が好きな話し方をしているでしょうか? 理想の話し方に近づくには、あこがれの人の物まねが近道なんです。
自分の話し方の確認方法
自分の話し方を一番知らないのは、じつは自分自身です。なぜなら客観的に自分が話していることを聞くことができないから。声ですら、録音や録画をした時に他人が聞いているのはこんな声だったんだと気づくほど、自分だけが知らないことが多いものです。
ということは、自分が嫌だなと思っている話し方をしているかもしれません。話し方の好き嫌いは千差万別ですが、自分自身がこんな風に見られたらうれしいなという話し方をするのは、セルフブランディングにもなります。自分の好きな話し方に一歩近づく工夫をしてみましょう。
イメージ通りの話し方になる方法

1. 1分程度のフリートークを動画で撮る。(自己紹介や趣味など身近なもの)
2. 撮った動画を確認して、自分が嫌いだなと思う部分の話し方をやめる意識をする。
3. 嫌いだと感じた部分を直す気持ちで、もう一度1分程度のフリートークを撮る。
4. 再度、動画を確認し、イメージ通りになればOK。納得できなければ、3を繰り返し行う。

これらを繰り返すことで、自分自身の話し方が変わってきます。ただ、長い間慣れている話し方を変えるのは意外に難しいものです。
そこで、例えばテレビを見ていて、この人の話し方ステキだなと思う人がいれば、まずは物まねから始めてみるのもおすすめです。物まねをしても、内容は自分自身のことを話すので、決して完全な物まねにはならないものです。逆に、ものすごく物まねができるようなら、自由自在に話し方が変えられるはず。
自分自身の話し方を知ることが変わるための一番のポイントです。話し方を変えることで、強くかっこいい女性、やわらかい印象の癒し系女性など、自分の思い描く女性像に近づけるかもしれません。
image via Shutterstock

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。