#GW アラサー女子がひとりぶらり楽しめる代官山

写真拡大

代官山。いまはママ&キッズの街になりつつあるという噂を聞いて、なんとなく最近行ってないな...。

そんなのもったいない。新しいショップがオープンしたり、まだまだアラサー女子が楽しめる街。昔、古着やさんめぐりをしたあの代官山の面影も残しつつ、ゆったりした時間が流れる素敵な街であることには変わりはありません。

時間があるなら、代官山へ。ファッション好きならおさえておきたい4店舗はこちら。

MAISON DE REEFUR

代官山の駅を降りてすぐ、梨花が手がけるセレクトショップ「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」はまずチェック。オリジナルブランド「LI HUA」のラインナップも、ますます進化しています。

4月に4周年を迎えるMAISON DE REEFURでは、ANNIVERSARY COLLECTIONがスタート。

セレクトアイテムも豊富。春に新調したい、デニムもチェックしたいな。

自然のものとあわせて演出された和食器のディスプレイに、思わずため息。

MAISON KITSUNÉ

「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」の路面店が去年の冬オープン。木材で囲まれた外装や内装は和モダンで素敵な雰囲気。ニュークラシックをテーマとしたエッジィ&品のある着こなしを叶えるラインナップが揃う。

A photo posted by Maison Kitsuné (@kitsune) on

日本家屋のような内装がとにかく素晴らしい。1Fはレディス、2Fはメンズのラインナップ。

A photo posted by Maison Kitsuné (@kitsune) on

ロゴものも、どこか懐かしい雰囲気でかわいい。大人が着てもしっくりくるデザインです。

A photo posted by Maison Kitsuné (@kitsune) on

リゾートでまといたい、フェミニンな雰囲気のワンピースなども見つかる。

nook STORE

メゾン キツネのすぐ先の路地を入ったところにたたずむお店「nook STORE(ヌークストア)」。外国の高感度なグロッサリーストアがテーマで、洋服やライフスタイルを充実させる雑貨や食品などが並ぶ。

A photo posted by nOOK STORE (@nook_store) on

路地裏に入るとちょこんとたたずむ、雰囲気のある店構え。

A photo posted by nOOK STORE (@nook_store) on

こぢんまりした店内でのお買い物は、宝物探しみたいでワクワク。

A photo posted by nOOK STORE (@nook_store) on

先日お店を覗いたときは、カラー別にアイテムがディスプレイされていました。素敵。

代官山 蔦屋書店

代官山さんぽの締めはやっぱりココ。気になる洋書や雑誌をチェックしつつ、スタバで期間限定のフレーバーに舌鼓を打つ瞬間は、何気ないけどしあわせな時間。ぼーっとまわりの人のファッションチェックしたりなんかして。

A photo posted by @iamere on

これぞ、至福の時間。

気になるファッション本もチェック。

A photo posted by @chocolat.akane on

これからの季節、天気のいい日中は最高!

代官山で出合った素敵な風景をSNSにアップ。もしかしたら近くに、最近会えていないあの人がいるかも。もし誰かと合流できたなら、どこか素敵なお店でディナーするのもあり。

もちろん、ひとりの時間を引き続き楽しむのもアリ。恵比寿や中目黒、渋谷へも歩ける立地も最高です。今日の夜はどこを目指そうかな。

代官山、いまでもまだまだ素敵な街ですよ。