初日単独首位にたった稲森佑貴(撮影:米山聡明)

写真拡大

<中日クラウンズ 初日◇28日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>
 今年で57回目の開催となる伝統の一戦、「中日クラウンズ」が開幕。初日の競技を終え、昨季初のシード権を獲得した21歳の新鋭・稲森佑貴が6バーディ・ノーボギーの“64”をマークし6アンダーで単独首位に立った。
【関連】国内男子ツアーフォトギャラリー
 
 1打差の2位には2週連続優勝を狙う池田勇太と小田孔明、小平智、リュー・ヒュヌ(韓国)、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)ら5選手が。2打差の7位タイには藤田寛之、宮本勝昌、増田伸洋、永野竜太郎ら7選手がつけた。
 以下に上位選手のコメントを掲載する。
・稲森佑貴(6アンダー単独首位)
「結果的に6アンダーでしたが、ところどころショットが完璧ではなかったです。今日は回りながら修正しました。自分は悪くなると右にいくクセがあって。だんだん右にいっているのが前半でわかったので、折り返しで左ワキがあかないようにしたら、ボールが捕まりだしました。明日も同じように右にやらないように気をつけていきたいですね」
・池田勇太(5アンダー2位タイ)
「前半はすごく良かったと思う。後半は12、14、18のボギーが腹が立つというか…上がりが悪いのは腑に落ちないですね。でも、明日につながるゴルフだったと思う。明日は明日で切り替えてやることかな、と思います」
・小田孔明(5アンダー2位タイ)
「前半はイーグル1つだけ。チャンスはあったんだけど…後半になったら入ってくれた。今年はドライバーをあまり使わず、コースマネージメントを重視したのが良かったと思う。1番でドライバーを握らなかったのは何年ぶりか。和合はマネージメントがいい人が勝つと思う。自分は1年以上勝ってないので、早めに勝ちたいですね。勝てば攻めたり色々なゴルフができる。それに自信をつけるのには早く優勝しないと」
・リュー・ヒュヌ(5アンダー2位タイ)
「今日は上りのラインを残すように安全に、安全にいった。パットが本当に良かったですね。名古屋が大好き。泊まっているホテルの隣に、大学の先輩が社長をしている韓国料理のお店があって、応援してもらってます。1勝したいですね、調子はよくないけどチャンスがあれば」
・永野竜太郎(4アンダー7位タイ)
「和合では過去最高のスコアかな。練習ラウンドでは不安がありましたが、昨日ぐらいからちょっと良くなり始めて、今日は国内開幕してから一番手ごたえが良かったかな。一緒に回った池田勇太さんがすごいいいプレーをしていた。自分もそこに後れをとらないようにゴルフをしようと。初日のこのスコアはいいスタートを切れました」
<ゴルフ情報ALBA.Net>