林永楽外交部長

写真拡大

(台北 28日 中央社)沖ノ鳥(島)近海で台湾漁船「東聖吉16号」が日本の海上保安庁に拿捕(だほ)された問題で、外交部の林永楽部長(外相)は29日午前に、日本の対台湾窓口機関、交流協会台北事務所の沼田幹男代表を呼び、猛烈な抗議を行う。

馬英九総統は、27日に開かれた国家安全会議で、外交部などに対して「沖ノ鳥礁」の呼称を使用し、日本側と根気強く交渉するよう指示。28日午後には、台北駐日経済文化代表処の沈斯淳代表(大使に相当)が、交流協会に抗議した。

また、行政院(内閣)の孫立群報道官は28日、沖ノ鳥を「岩」とする政府の立場は明らかだとした上で、畳3枚分の大きさの場所が「島」であるはずがないと批判。さらに、「東日本大震災の際、台湾は日本にどんな対応をしたか考えてほしい」と述べた。

反発を強める台湾に対し、日本の岸田文雄外相は28日、沖ノ鳥は「国連海洋法条約上、島として地位が確立している。台湾側の独自の主張は受け入れられない」と反論。交流協会を通じて抗議したと明かした。

(唐佩君/編集:杉野浩司)