27日、韓国メディアによると、萩生田光一官房副長官が「在韓日本大使館前の慰安婦像撤去は昨年末の日韓の合意内容に含まれている」との認識を示したことについて、韓国政府は「合意内容はいかなる恣意的解釈の対象にもならない」と反発した。資料写真。

写真拡大

2016年4月27日、韓国・聯合ニュースによると、萩生田光一官房副長官が「在韓日本大使館前の慰安婦像撤去は昨年末の日韓の合意内容に含まれている」との認識を示したことについて、韓国政府は「合意内容はいかなる恣意的解釈の対象にもならない」と反発した。

韓国外交部当局者は同日、「昨年12月の日韓合意の内容は両国の外交官が発表した通り」とした上で、「在韓日本大使館前の慰安婦像は民間が自発的に設置したものであり、政府がああしろ、こうしろと言えない」と明らかにした。

安倍晋三首相の側近・萩生田氏は同日午前の会見で、慰安婦像の撤去は「(合意の)細部の事項の一つに含まれているというのが私の認識」と述べていた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは以下のようなコメントが寄せられた。

「合意文書を公開すればすぐに解決する」
「日韓の慰安婦合意は世界で1番、適当で曖昧な合意」
「安倍首相がだまされたの?朴大統領がだまされたの?」

「次の大統領が合意文書を暴露するだろう」
「民間が設置したから政府は関係ないって?韓国人として、韓国の公務員としてそんなことを言っていいの?」
「慰安婦像を撤去すると約束したが、国民の予想以上の反発に驚き、慌ててなかったことにしようとしているのだろう」

「恣意的解釈をする余地を与えた方が悪い」
「日本が根拠もなく主張するはずがない」
「朴大統領が恣意的で一方的な合意をしてしまったことは、しっかりと歴史に記録される」

「無能な朴大統領でもさすがに慰安像は撤去しないだろう」
「日本政府は誰が加害者で誰が被害者なのか、よく分かっていないようだ」(翻訳・編集/堂本)