写真提供:マイナビニュース

写真拡大

FCAジャパンは26日、1941年に誕生したジープブランドが2016年で75周年を迎えることを記念し、ジープのすべてのモデルに特別仕様車「75th アニバーサリー エディション」を設定して発売すると発表した。第1弾として、「ジープ・レネゲード」「ジープ・コンパス」「ジープ・チェロキー」の特別仕様車を5月16日に発売する。

同特別仕様車は、全モデルで「グリーン」「オレンジ」「ブロンズ」をボディおよびインテリアの共通のメインカラーに設定した。エンブレム、フロントシートに刻印された誕生年の「1941」、ブロンズルーフレールなど数々の特別装備を施しながら、ベースモデルから価格を据え置いた点も特徴となっている。

今回は第1弾として、「ジープ・レネゲード」「ジープ・コンパス」「ジープ・チェロキー」の「75th アニバーサリー エディション」を発売。各モデルとも「リミテッド」をベースモデルとしており、ブロンズカラーの18インチアルミホイール、ブロンズアクセント付きバンパーなどが特別装備される。

価格は、「ジープ レネゲード 75th アニバーサリー エディション」が318万6,000円、「ジープ コンパス 75th アニバーサリー エディション」が356万4,000円、「ジープ チェロキー 75th アニバーサリー エディション」が499万5,000円(価格はすべて税込)。

(山津正明)