母の日に何あげる?「もらって嬉しいギフト」3位手紙2位お花、1位は

写真拡大

毎年、ゴールデンウィークが終わるとすぐに来るのが“母の日”ですよね。

この時季、世のお母さんたちは「何かもらえるかしら……」と密かにソワソワしているかもしれません。しかし一方では「今年はお母さんに何あげよう……」と悩む人々もいるでしょう。

では、母の日を前に、皆は何を期待し、また何を母親に贈ろうとしているのでしょうか? 母の日に関するサイト『母の日コム』を参考にご紹介しましょう!

 

■去年は何をもらった?

まず、同サイトが行った2015年の母の日に関する調査によると、“もらった人”に「どんなギフトをもらいましたか?」という質問の回答は次のようになりました。

1位・・・お花(38%)

2位・・・スイーツ(14%)

3位・・・ファッショングッズ(10%)

という結果に。やはり、母の日のプレゼントの定番は“お花”、それも、やはり定番といえるカーネーションの場合が多いようですね!

1〜3位に入ったのもどれも定番。カーネーションの場合、切花だと、きれいでもすぐにしおれてしまうという欠点があるので、鉢植えを送ってもいいかもしれません。

筆者の住む米国でも母の日は同じ日に祝われ、やはり花を贈るのが一般的ですが、「長持ちするように」と素敵な鉢植えを贈る人も多いですよ!

また、カーネーションだけでなく、百合や紫陽花、バラ、デイジーなど、お母さんが好きな美しい花をプレゼントするのも一般的です。

 

■今年は何を贈る予定?

では、今年の調査結果についてご紹介しましょう。まず、「今年の母の日にはどんな贈り物をしますか?」と尋ねると、

1位・・・お花をプレゼント(55.1%)

2位・・・一緒の時間を過ごす(13.2%)

3位・・・お小遣い・ギフト券をあげる(9.1%)

という結果となりました。

次に、「今年の母の日のプレゼントのご予算はどれくらいですか?」と聞くと、1位は「3,000円〜4,999円」(35.9%)、2位「3,000円未満」(33.4%)、3位「5,000〜6,999円」(19.2%)という結果でした。

さて、あなたはいくらの予算で、何を買おうと計画していますか? それがいくらであっても、心がこもっていればお母さんもきっと喜んでくれるはず!

次に、お母さんたちに「母の日にどんなことをしてもらえたら嬉しいですか?」と尋ねると、

1位・・・家族と一緒の時間を過ごす(29.6%)

2位・・・お花のプレゼント(25.1%)

3位・・・メッセージ・手紙をもらう(21.6%)

という結果となりました。

1〜3位までは、全部一緒にできそうですよね。お花のほかにスイーツやギフト券なども一緒に贈れば、お母さんはもっと大喜びするかも!

どんなプレゼントを贈るにしても、日頃なかなかあらたまって伝える機会がないお母さんや義母への“感謝の気持ち”を書いたメッセージを添えるのをお忘れなく!

 

■母の日に「欲しくないもの」ワースト3

では、お母さんたちが「ゲ……これはちょっと……」と思う母の日のプレゼントはなんでしょうか?

姉妹サイト『VenusTap』の記事「ゲ…あげてた!“母の日に欲しくないもの”3位は服、2位1位は?」によると、お母さんが欲しくないもの3選は、

1位・・・特になし(何でも嬉しい)

2位・・・花(生花)

3位・・・洋服

だそうです! 花は美しいですが、数日もすると枯れて、「せっかくもらったのに……」という残念な姿になってしまいます。長持ちさせるためには、やはり鉢植えのほうがよさそうです。

とはいえ、人の好みはいろいろ。自分のお母さんが好きそうなものを今から調べておき、ハズさないように注意したいもの。

そして、子どもがいる家庭で、もし夫が毎年母親であるあなたに贈り物をしてくれる場合は、今からそれとなく欲しいもののヒントを出しておくのも手です。

 

以上、母の日に関するアンケート調査結果をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

母の日に際して、何より大切なのは“気持ち”。「今まで苦労かけたけど、いつもありがとう!」などと温かいメッセージを添えれば、お母さんもほろりとくる……かもしれません!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 姑同居で「夫婦の夜の営み」はどうする?良い嫁姑関係を維持するテク3つ

※ ゲッ…喜ばれてないの!? 「実は相手を困らせちゃう」母の日の贈り物が判明

※ 空気サイアク!姑が嫁からもらった「正直使えない」プレゼント3選

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ ダイエットをサボっている人必見!話題のジュースがスゴイ

※ あのガガ様も13kg減!? 結果にこだわる「低GIダイエット」成功の秘訣とは

 

【姉妹サイト】

※ 過酷なママ社会を生き抜くには!「ほどほど社交」を働きママがすべき理由

※ あ〜離婚してぇ…専門家が警告「夫の愛が急速に冷める」言動3つ

 

【参考】

※ 母の日コム「贈る人」「もらう人」2016年度アンケート結果 - 母の日コム

※ ゲ…あげてた!「母の日に欲しくないもの」3位は服、2位1位は - VenusTap

 

【画像】

※ kuleczka / Shutterstock