どうしてあの女性は、いつもキラキラ・イキイキしているのかなと思ったことは、ありませんか? もちろん、キラキラしている女性に嫌なことが起きていないわけではありません。では、どうやって彼女たちはモチベーションを維持しているのでしょうか?

発想の切り替えが早い

たとえばなにかアクシデントにあった場合に、発想の切り替えが早ければ早いほど、精神的なダメージを受けずにすみます。それは決して逃避ではなく、ものごとを一方向のみからとらえないということです。つまりひとつしか思い浮かばないと、それで回避できなかった場合にさらに自身を追い込んでしまう可能性がありますよね?
それでは解決どころか深みにはまってしまいますので、その段階でいくつかのパターンを考えておくといいでしょう。
手札を多く持つということは冷静に考えるわけですから、結果的に自分の気持ちを整理することになるわけです。

お付き合いもほどほどに

気乗りしないのに付き合いで行かなければならないときに、それが仕事であればしかたありませんが、プライベートな時間ですらも相手に流されてしまう人を見かけます。
どうしても行かなければならないという状況はもちろんありますが、乗り気ではないテンションででかけると、どこかでそういう気持ちが残り、結果、楽しめずに帰宅することになってしまいます。
とくに女性はホルモンの影響も多くありますので、無理をしないようにしましょう。「付き合いが悪い」と言われても「申し訳ないけど体調が悪い」と断ったほうがムダに疲れずにすみます。ですから、あくまで自分の意志で行くか行かないかを決定しましょう。

彼との距離感

おたがいに心地よい関係を維持したいのでれば、この距離感をキープするというのは大切です。彼を大好きなあまり、すべて彼に合わせてしまう痛い女性もいますが、振りまわされることほど疲れるものはありません。
この適度な距離感を維持するということは、角度を変えてみてみると、鮮度を維持するということにもなるわけです。見えない時間をつくることが、彼にとっての刺激にもなるからです。なにをやっているかわからないからこそ気になるのです。

やりたいことをやる時間を必ずつくる

人は、やらなければならないことに追われ続けるとストレスを感じるので、たとえ5分でもいいので自分のやりたいことをやる時間を必ずつくるようにしましょう。
音楽であろうと絵を描こうとなんでもかまわないのですが、その時間をこなすことが、あなたにとっての心の逃げ場ともなります。それには時間よりも内容のほうが重要。「やりたかったことができた!」と感じることが、ストレスから解放してくれるのです。

いかがでしたか?
いかに自分をストレスから解放する環境をつくれるかということが大切です。自分をうまく解放してあげられる思考になると、ほかの人対してもそう思えるようになるため、結果的におたがいにとって心地よい関係をつくることができますよ。