「なくて七癖」――皆さまもなに気なくやってしまっているクセ、あるんじゃないですか? でもじつは……あなたのそのクセは、あなたの性格と密接に結びついているものだったんです。
そういうことなら、気になるあの人のクセを見つけて“こっそり”性格診断をしてみるのも楽しいかもしれませんね!

鼻をさわるクセがある人は?

ひんぱんに鼻を触るクセがある人は、情緒不安定な人なんだそうです。なんでも、ウソをついているときに分泌される物質に鼻をモソモソさせる成分が含まれているらしいですよ。筆者、よく鼻を触るんですが……知らぬまにウソだらけの生活を送っていたということなんでしょうか? ちょっとショックを隠しきれません……。

眉毛をさわるクセがある人は?

眉毛は喜怒哀楽などすべての感情を表すパーツ。つまり、感情を見透かされたくないと強く思っている人に多くみられるクセだということです。また、疑い深く用心深い性格でもあります。

ストローを噛むクセがある人は?

欲求不満だったり、なんらかのストレスを抱えている人です。爪を噛むクセがある人というのもこれと同様で、なにかしらの不満やストレスを抱えている人といえます。

貧乏ゆすりをするクセがある人は?

基本的に貧乏ゆすりというのはなにかしらのストレスを受けて、自分ではどうしようもなくなったときにするものです。ですので、貧乏ゆすりをよくしてしまう人というのはストレスを感じやすい人ともいえるでしょう。

腕を組むクセがある人は?

腕を組む行為というのは“自分を大きく見せたい願望”のあらわれです。腕をよく組む人は「いばりんぼ」なのかもしれませんね。ちなみに筆者も手持ちぶさたになるとよく腕を組んでしまいますが、あまりいい印象ではなかったということですね……。

髪の毛をさわるクセがある人は?

髪の毛をよくさわる人というのは、必要以上に人目を気にするタイプといえます。

通話相手にもお辞儀する人は?

電話をしている最中にお辞儀をしているサラリーマンを見かけたことはないでしょうか? 子どものころはその光景が不思議な光景にうつっていたのに、いつのまにか自分もそうしていることに気づいた、なんて人もいるかもしれませんね。
これは誠実さをアピールしているときに出てくる行動なんですって。こういう人と一緒に行う仕事は、やりやすそうですね!

よく水を飲むクセがある人は?

よく水分補給をするのは、はたしてクセなのか? とも思うのですが、人はひどく緊張したり、大きな不安を感じると口がかわいてしまうんですよね。つまり、よく水を欲する人というのはストレスに弱いタイプであるといえるでしょう。

さて、皆さまの気になるあの人はどんなクセがありますか?

▽ 参考文献:『癖の心理学:人のクセみて我がクセなおせ』渋谷 昌三著・東京堂出版