マイ定番スタイル vol.6 無印の「ステンレスワイヤーバスケット」でクロゼットに統一感を

写真拡大

無印良品、イケアなどに代表される、親しみやすいブランドのアイテム。シンプルなデザインの定番モノを、オリジナルのスタイルで住空間に取り入れるコツを紹介していきます。


東京都在住、ルーミー編集部・緑川宅で見つけた「マイ定番スタイル」。無印良品の「ステンレスワイヤーバスケット」です。

無印良品のステンレスワイヤーバスケット
18ー8ステンレスワイヤーバスケット6
約幅51×奥行37×高さ18cm 3,900円(税込)
無印良品ネットストア

シャープな印象のステンレス素材のバスケット。緑川宅では、クローゼットの服を収納するのに使用しています。

棚も、無印良品のスチールユニットシェルフ・スチール棚セット。クロゼットにジャストサイズではまっています。

また、すべてのハンガーをアルミ洗濯用ハンガー・肩ひもタイプで統一しているのもポイント。

ちなみに、化粧品と小物の収納は、アクリル小物収納を横倒しにして使って、無印良品三昧です。

スチールユニットシェルフは、クロゼットにジャストサイズすぎて、クロゼットの中で組み立てないといけなかったです。でも、結果的にクロゼット内に無駄なスペースが出ず使えるので、気に入っています。ハンガーは、シンプルでかっこいいアルミのもので統一すると、ごちゃつき感がちょっと減る気がします。(ルーミー編集部・緑川)


無印良品

収納の仕方が悩ましいクロゼット。全体の素材に統一感があることで、「きれいにしよう」というモチベーションも上がりそうです。

「マイ定番スタイル」バックナンバー

vol.1 無印の「ローテーブル」に色を塗ってイメチェン
vol.2 無印の「ラタン収納バスケット」でキッズ専用の収納棚をつくる
vol.3 IKEAの「ALEX 引き出しユニット」で学習机をつくる
vol.4 WECKの「キャニスター」でお茶を選ぶ楽しみを
vol.5 無印の「ダイニングテーブル」を作業デスクに
vol.6 無印の「ステンレスワイヤーバスケット」でクロゼットに統一感を
vol.7 無印の「整理ボックス」を並べて見せるキッチン収納に
vol.8 無印の「白磁トレー」で洗面まわりをスッキリ見せる
vol.9 無印の「木製トレー」でコーヒーアイテムを整理する
vol.10 ニトリの「フェイクグリーン」を雑貨と合わせてディスプレイ
vol.11 無印の「メイクボックス」を食品入れに