スペースX発表「2018年に火星への打ち上げを予定」

写真拡大

スペースXは早ければ2018年に無人宇宙船「ドラゴン」を火星に向けて打ち上げる予定だと発表した。同社の設立目標は「人類を火星に到達させる」ことであり、まさにこれはその第一歩となる。

SLIDE SHOW 「スペースX発表「2018年に火星への打ち上げを予定」」の写真・リンク付きの記事はこちら
2-20802115234_3bbae76b6e_k-980x653

2/6

3-20802083424_b2d67d27f1_k-980x551

3/6

4-21424800115_b916921705_k-980x653

4/6

5-21236949258_b9b916f54f_k-980x653

5/6

6-800px-pad_39_a_falcon_heavy_artist_cropped

6/6ケネディ宇宙センターの発射台に据えられたファルコン・ヘビー(アーティストによるイラスト)。Image: Space X/Wkimedia Commons

Prev Next

スペースXは4月27日(米国時間)、早ければ2018年に無人宇宙船「ドラゴン」を火星に向けて打ち上げる予定だと発表した。スペースX設立者兼CEOのイーロン・マスクが2002年に同社を設立したときに設定した目標が「人類を火星に到達させる」ことだったが、まさにこれはその計画の第一歩だ。

一連のミッションは、人類を火星に到達させ移住させるという全体計画を立てるうえでスペースXに重要なデータをもたらすだろう。ただし、打ち上げに使用するロケット「ファルコン・ヘヴィ」はまだ完成していない。

火星に着陸するうえでの難問のひとつは、火星の大気が薄く、減速が難しいことだ。米航空宇宙局(NASA)は2012年に重量900kgの探査機ローヴァー「キュリオシティ」を火星に着陸させたが、そのためには複雑なスカイ・クレーン・システムを考案する必要があった。火星の大気圏突入から着陸までの7分間は、地球との通信ができず状態が不明だったため「恐怖の7分間(日本語版記事)」と呼ばれた。

ドラゴンの重量はそれよりはるかに重く、約6tになるだろう。この問題を解決するためスペースXは、グレードアップした宇宙船(8基の「SuperDraco」エンジンを搭載した「ドラゴン2」)を使用し、推進力を用いて着陸するという計画を立てている。

スペースXは2016年1月、テキサス州マクレガーにあるロケット開発施設でこの推進能力を披露した(記事下の動画)。

今回のミッションは無人になる。人類を火星に到達させるという壮大な計画については、NASAでさえ、実現は2030年代後半以降で、1,000億ドル以上の資金が必要になると見ている。しかしマスク氏は2016年1月、2025年くらいまでに有人ミッションを開始すると述べている

マスク氏は、同社の壮大な火星計画に関する詳細を今年の国際宇宙会議(IAC)で明らかにすると約束している。同会議は9月26日〜30日にメキシコのグアダラハラで開催される。