映画『ガンツ:オー(GANTZ:O)』大阪篇をフル3DCGでアニメ化、加藤勝役に小野大輔

写真拡大

長編アニメーション映画『ガンツ:オー(GANTZ:O)』が、2016年10月14日(金)より全国の劇場で公開される。

死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉によるコミック「GANTZ」は、TVアニメや実写映画など、これまで様々な形で作品が派生してきた人気作品だ。今回は、原作の中でも特に人気を誇るエピソード「大阪篇」がフル3DCGでアニメ化。

「大阪篇」は、主人公の玄野計が死亡した世界で、加藤勝をリーダーに、東京と大阪のガンツチームが自らの命を懸け「妖怪軍団」に闘いに挑むストーリー。「大阪篇」の主人公である加藤勝役には、「ジョジョの奇妙な冒険」「おそ松さん」など数々の人気アニメに出演する声優・小野大輔が決定した。

さらに、原作「GANTZ」の主人公・玄野計役に「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役を務める梶裕貴、ヒロイン山咲杏役にテレビアニメ「宇宙パトロールルル子」のM・A・O、レイカ役に「赤髪の白雪姫」の早見沙織といった豪華な顔ぶれを揃える。

そして、ガンツの大阪チームの面々には、実際に大阪出身のお笑い芸人が抜擢された。岡八郎役をケンドーコバヤシ、島木譲二役をレイザーラモン HG、室谷信雄役をレイザーラモン RGが演じ、声優としての新たな才能を披露する。

総監督は『TIGER & BUNNY』や、『聖闘士星矢Legend of Sanctuary』などを手がけてきたさとうけいいち、監督は日本初のフル3DCCG作品『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰が務める。

また、『ONE PIECE FILM GOLD』等のアニメだけでなく『ストロベリーナイト』『LIAR GAME』など多くの実写作品において緻密でシリアスな傑作を手がけている黒岩勉が脚本を、実写版『GANTZ』シリーズのVFXを担当したデジタル・フロンティアがアニメーション制作を担当する。

なお、9月14日(水)から10月23日(日)までの期間、特別展示を新宿ニュウマンで開催。会場では、映画の世界に擬似転送するVRアトラクションが体験できるほか、貴重な設定資料やイメージボード、そして絵コンテなどが公開される。

【作品情報】
映画『ガンツ:オー(GANTZ:O)』
公開日:2016年10月14日(金)
原作:奥浩哉
総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
脚本:黒岩勉
キャスト:小野大輔、M・A・O、郭智博、早見沙織、池田秀一、津嘉山正種、小野坂昌也、小野坂昌也、小野坂昌也、津田健次郎、小川輝晃、吉田尚記、梶裕貴
制作:デジタル・フロンティア
配給:東宝映像事業部
製作:「GANTZ:O」製作委員会
(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

■「GANTZ:TECH」
展示期間:7月30日(土)〜8月7日(日)
会場:Fab Cafe Tokyo
住所: 東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア
入場料:無料 ※カフェ利用はワンドリンクオーダー制